昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

燃え殻
2018/01/13

私は浮気セックスで生きていると感じる2児の母です

燃え殻さんに聞いてみた。

Q 半年ほど前に初めての浮気をしてから、複数の男性とデートをしています

 結婚して6年、4歳と2歳の子供がいるのですが浮気がやめられません。半年ほど前に初めての浮気をしてから、複数の男性とデートをしています。食事に行きセックスをしているとき、生きていると感じます。旦那への罪悪感がないことが罪悪感です。私はどうすればよいのか、どうなってしまうのか答えは分かってるのにやめられないしやめたくないです。でももしすっぱりやめられる考え方があるのであれば、やめたいです。(20代・女性・主婦)

A その答えが人として間違っていようが、救われることは大切

 江國香織さんの『東京タワー』を読んだことはありますか? あなたへの処方箋として1冊お出ししておきますね。

東京タワー (新潮文庫)

江國 香織(著)

新潮社
2006年2月28日 発売

購入する

 文面では旦那さんとの性生活のことが一行も書かれていないのですが、完全なるセックスレスなのかなと勝手に想像しています。だからこそ旦那さんへの罪悪感がないのでしょうか。お子さん2人を育てながら、女性としての時間を、あなたは外で今満たしているんだと思います。そこで日常に開いた暗い冷たい穴を埋めているんだと思います。文面では書かれていない不満と焦燥感、不安などの穴ぼこを彼ら複数の男との時間の中で埋め、毎日のモヤモヤとした気持ちが一杯詰まった鞄を一旦おろしているんだと思います。それが今、この瞬間あなたが見つけたうまくすべてを回す術なのではないでしょうか。

新しい関係が生まれるやもしれません。そうならないかもしれません

 お子さんもこれから小学校が始まるでしょう。今会ってる男性たちとも惰性の関係になっていくかもしれません。その時にまだ旦那さんと、将来のことや子どものことが一緒に話せれば、そこからまた新しい関係が生まれるやもしれません。そうならないかもしれません。人生相談は必ず答えを出すもんだと思っていない自分としては、今すぐに切羽詰まることもないじゃないかと言ってしまいたくなります。その答えが人として間違っていようが、あなたの今日が救われることの方が大切な気がします。もう少しだけグラデーションの中にいながら、答えのような居心地のいい場所が見つかるのを待ってみたり、模索してみたり、忘れてみたりするのもいいような気がします。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム