昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載DMM亀山会長に聞いてみた。

亀山 敬司
2018/01/22

お金持ちはどんな遊びをするのでしょうか。それを目標に励みます――DMM亀山会長の人生相談

DMM亀山会長に聞いてみた。

Q 去年一番楽しかったことを教えてください。

 仕事以外での遊びや趣味は何ですか? 僕の楽しみといったらゲームやキャバクラくらいですが、お金持ちはどんな遊びをするか聞けたら、それを目標に励みたいと思います。去年一番楽しかったことを教えてください。(20代・男性・会社員)

A 20年ぶりのゲームは「なんじゃこりゃ~!」と、唸ってしまうほどの進化。恥ずかしながら、50過ぎのオヤジゲーマーになってしまったよ。

 実は、俺が去年一番ハマったのは、PS4 VR『バイオハザード7』とNintendo Switch『ゼルダの伝説』。毎日、仕事が終わったら急いで家に帰って、塔や祠でアイテムを探しながら、ゴブリンとの戦いに明け暮れていた。カネがあろうがなかろうが、やってることは君と変わらないってことだね(笑)。

 不慣れなゲームは悪戦苦闘。YouTubeでゲーム実況動画をカンニングしてもなかなか進めない。でも、ヘタなおかげで何ヶ月も遊べたから、コスパはむちゃくちゃ良かった。

 息子が物心ついたのを機会にゲームはやめてたんだけど、20年ぶりにやった懐かしのゲームは、「なんじゃこりゃ~!」と、唸ってしまうほどの進化を遂げていた。おかげで恥ずかしながら、50過ぎのオヤジゲーマーになってしまったよ。20年後はさらに進化してるだろうから、VRゴーグルを付けた「寝たきり老人ゲーマー」になってるかもしれないね。

 人生や仕事みたいに複雑なリアルに疲れたとき、ゲームの世界での冒険は最高だね。映画やテレビにはない達成感がある。映画『マトリックス』の未来では、人類がみんなカプセルに入れられて仮想世界にいたけど、そのうち人類は自ら進んで入っちゃうかもしれない。(おーこわっ!)

 とはいえ、若いうちのゲームやキャバクラ遊びはほどほどに、リアルな冒険や恋にもチャレンジしといたほうがいいよ。人の作ったルールの上で遊ぶだけじゃなく、自分で作ったルール上で遊ぶのも楽しいからね。ちょっとしんどいけど、まったく違った味わいがある。

 俺も正月にやっとラスボスの厄災ガノンを討伐したから、またしばらくは現世に戻って精を出すよ~!

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム