昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

亀山 敬司
2018/01/12

自分じゃなくても出来る仕事ばかりで、やりがいを持てずに断ってきました――DMM亀山会長の人生相談

DMM亀山会長に聞いてみた。

Q 今後やりがいを持てそうな業界や職種はありますか。

 多くの経験をしたくて、10社以上いろいろな業種を転職してきました。仕事は真面目にしてきたので、勤め先からは社員にならないかと勧められたことは何度もあります。ただ、自分じゃなくても出来る仕事ばかりで、やりがいを持てずに断ってきました。亀山さんもいろいろな業種をやられていますが、今後やりがいを持てそうな業界や職種があれば教えてください。(30代・男性・フリーター)

A どんな仕事でも責任を持ったとき、いつの間にやら自分にしか出来ない仕事になってるんじゃないかな。

 やりがいを持ちやすいのは成長業界だけど、君の場合は業種じゃなく立場に問題があるんじゃないかな。経験ってのは横に広げるだけじゃなく、縦に掘り下げるのも大事だよ。

 会社にとっての良い人財とは、優秀で辞めない人。だから、いくら真面目でも職を転々としてる君は、いろいろな「作業」は経験できても、重要な「仕事」は任せてもらえてないと思う。お手軽な仕事は手軽な分だけ、自分もお手軽に扱われちゃうからね。

「誰にでも出来る仕事」っていうけど、君にしか出来ない仕事って何かな。大抵の仕事は代えのきくもんだよ。だけど、どんな仕事でも君が責任を持ったとき、いつの間にやら自分にしか出来ない仕事になってるんじゃないかな。

 ちなみに、DMMのビジネスは一見すると広く浅くに見えるけど、やってるのはニッチで1番を取れそうな所ばかり。そこを深く掘り下げて稼いでる。つまり、広い業種の中で狭く深くなんだ。そして、そんな仕事を任されてるのは、やっぱり責任を引き受けてやりきれる社員。

 確かに、いろいろなものを見ないと世界は狭くなるけど、何かを極めないと世界は薄っぺらいものになっちゃう。だから、君もそんなに早く今の仕事を見限らないで、もう少し長く付き合ってみたらどうだろう。

 人は何かを引き受けた分だけ、少し遅れて、何かを受け取れるもんだよ。


「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム