昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

燃え殻
2018/02/03

燃え殻さん、不倫した夫を許すってどういうことですか?

燃え殻さんに聞いてみた。

Q 浮気した夫と一緒にいたい、許したい、でも許せない

 結婚して15年、夫はずっと優しく甲斐甲斐しく、いわゆる愛妻家で、子どもにも恵まれ、私は愛されている幸せを感じていました。ひょんなことから、過去に1年ほど夫が他の女性と不倫関係にあった時期があったことが分かりました。浮気に該当する時期も、夫の日々のふるまいから、私は自分がとても大切にされていると感じていたし、浮気など1ミリも疑っていなかったので、いまさら知って、とてもショックでした。

 話を聞くと、相手にも家庭があり、会うのもひと月かふた月に一度、言葉は悪いですが、完全にお互いに割り切った「別腹」の疑似恋愛を楽しんでいた様子。別れたのは罪悪感からだそうです。

 夫はたいへん反省しており、動揺して何も手につかない私に代わり、この数ヶ月、家事から子どもの世話まですべてやってくれています。どんなに夫婦円満でも、徐々に恋愛感情が薄れていくのは仕方ないことだし、他の人と恋愛ぽいことがしたくなっちゃったのかな、という気持ちは理解できなくないです。

 私は日頃から、人の弱さ、ずるさ、正しくなさ、そういうものを頭ごなしに否定せずに生きていきたいと考えていました。芸能人の不倫報道を見ても、家族はともかく、部外者があれこれ言うべきことではない、と今でも思っています。なのに、一番大事な人の「弱さ」を肯定してあげることができないなんて。

 夫は今は一切相手とは連絡を取っていないのだし、さっさと許して夫婦で前を向いて楽しく生きたい。それなのに、時折、裏切られたショックがフラッシュバックして、涙が止まらなくなります。夫のことがとても好きで、こんなことがあったいまでも尊敬しています。これからも一緒にいたいです。でも、なかなか許せない。許したいのに許せないことが苦しいです。燃え殻さん、許すって、どうすればよいのでしょうか。(30代・女性・会社員)