昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“ライト読売”と“レフト毎日”の1面トップ見出し「まさかの合致」が意味するもの

そして産経は「書き換え」から「改鼠」に言葉を変えた

2018/03/23

 おお……。

 新聞をひろげて思わず見入ってしまった。こんなことってあるんだ……。

 それは3月17日の1面。

「首相答弁影響 否定せず」(毎日新聞)

「首相答弁影響 否定せず」(読売新聞)

 毎日と読売の1面トップがまったく同じ!

3月17日朝刊 読売(左)と毎日の見出しが一致!

読売もシビアにならざるを得ない

 両紙は、財務省の太田充理財局長の16日の答弁を、

・佐川宣寿・前国税庁長官は書き換えを知っていた

・書き換えでは政府全体の答弁を気にしていたとして、首相答弁が影響したとの見方を否定せず

 と1面で大きく報じていたのだ。昨年2月17日の「私や妻が関係していたら首相も国会議員も辞める」という安倍首相の国会での発言が「改ざん」に影響したのでは? という急所だ。

 そう考えると毎日と読売の見出しの被りにはしみじみした。安倍政権の「一塁側」にみえる読売もシビアにならざるを得ない様子がわかる。

麻生財務相 ©共同通信社

 さらに読売の政治面には、

「ポスト安倍『森友』注視 首相に逆風 情勢見極め」

《今後の展開次第で総裁選に向けた各候補の動きが加速する可能性もある。》

 記事の中で読売は「世論の批判が高まっている」としてポスト安倍の動きについて目を向けた。石破茂・元幹事長、岸田文雄政調会長、野田聖子総務相らの動向を詳細に。そしてトリに小泉進次郎氏の、

《「自民党は官僚だけに責任を押しつけるようなことはしない」と述べるなど、暗に首相や麻生氏の責任論に言及している。》

 という言葉も紹介。

 安倍首相はこの日の読売の記事を読んでどう思ったのだろう?