昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

坂崎 仁紀
2018/04/03

四谷・しんみち通り「政吉」 そばサワー、そば餃子でカンパーイ!

1人でも大丈夫。そば好きにはたまらない居酒屋

genre : ライフ, グルメ

 2018年の春は到来が早く、3月26日には四ツ谷から市ヶ谷に続くお堀沿いの桜もすでに満開であった。

 

 四ツ谷駅四ツ谷口のしんみち通りを入ると、突如、飲食店が立ち並ぶ。その中ほどの左側にあるそば屋が「四谷政吉」である。

お酒とおつまみは16時から

「四谷政吉」は昼間は立ち食いそば屋として人気だ。

21時までやってます

 店の入り口にはオープンスペースがあり、4人がけのテーブルが2つ並んでいる。

 気候がよくなれば、オ-プンカフェのような雰囲気が味わえる。店は四角い構造で、壁に向かったカウンターに椅子が配置されている。午後4時からはちょい飲み的な店としても密かに人気だ。

社是にしたい「お酒とおつまみは16時から」

 季節のつまみやそばをその折々で提供しているというので、四ツ谷のお堀の桜をみて、夕方5時半過ぎ、友人と「四谷政吉」を訪ねてみた。半年ぶりの訪問である。

 恰幅の良い店長の野村憲孝さんもお元気そうでなにより。オープンテラス席に落ち着いた。おすすめの季節メニューを尋ねると、今日は「ネギと菜の花の酢みそあえ」380円、「青粉入りタケノコ天」170円を選んでくれた。早速、「そば茶ハイ」330円と一緒に注文した。

そば焼酎を炭酸で割った「ソバッチュ」(300円)もイケる

この記事の画像