昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

大矢 博子
2018/05/03

読んで指す?指して読む?「読む将棋」ブックガイド

空前のブーム到来! 人生を変える将棋

 今の将棋ブームの立役者は何と言っても藤井聡太六段だが、それだけではない。名作ノンフィクションと人気コミックが原作の、若き天才棋士を主人公にした二本の映画が一昨年暮れから昨年春にかけて立て続けに公開された。それが藤井六段の躍進のタイミングと重なったことが、ブームを大きく後押ししたのだ。

『聖(さとし)の青春』『3月のライオン』である。

『3月のライオン』(羽海野 チカ)
『3月のライオン』(羽海野 チカ)

 実はこの原作二作にはささやかなつながりがある。羽海野(うみの)チカの大ヒット漫画『3月のライオン』(白泉社)はフィクションだが、コミックス一巻に収録されている先崎学九段の解説によれば、主人公・桐山零の親友、二海堂晴信だけは「よく似ている」棋士がいるという。それが二十九歳の若さでこの世を去った『聖の青春』の主人公、故村山聖九段なのだ。

 病と闘っているという設定も、愛嬌たっぷりのキャラも、漫画で描かれるその体型も、村山九段に「そっくりです」と先崎は書いている。二海堂と桐山の対局場面は村山九段と谷川浩司九段の王将戦の棋譜を題材にしたそうだ。

3月のライオン (1)

羽海野 チカ (著)

白泉社
2008年2月22日 発売

購入する

聖の青春 (講談社文庫)

大崎 善生(著)

講談社
2002年5月7日 発売

購入する