昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ヒャダインが語る「日テレ=豊臣秀吉」論とは

ヒャダイン×てれびのスキマ「日本テレビのえげつない勝ち方」#2

「自分たちがつくっているのは『作品』でなく『番組』」(てれびのスキマ)「だから日テレにすごくシンパシーを覚えて見ているのかもしれない。」(ヒャダイン)日テレ常勝の秘密に迫る『全部やれ。 日本テレビ えげつない勝ち方』著者のてれびのスキマさんと、テレビっ子を自任するヒャダインさんとの対談の第2回です。

第1回より続く

◆◆◆

日テレは男性アナが舵切ってる感じ

『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(戸部田誠(てれびのスキマ) 著)
 
『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(戸部田誠(てれびのスキマ) 著)
 

ヒャダイン それにしても『全部やれ。 日本テレビ えげつない勝ち方』って強烈なタイトルですよね(笑)。

戸部田 (90年代当時日テレの社長だった)氏家(齊一郎)さんが言った、「お前らが言ったことを明日から全部やれ」「細大漏らさず、全部やれ」から採りました。日テレの番組づくりとか、組織としてのえげつない戦い方に通底する言葉だなと思って。

ヒャダイン 本のオビにあるように今、本当に「日テレ無双」ですからね。

戸部田 この前のインタビューでヒャダインさんが、とんねるずとか、岡村隆史さんが「フジテレビの擬人化」だと言われたのにすごくハッとしたんですけど。翻って、日テレってそういう擬人化できる存在はいますか?

戸部田誠(てれびのスキマ) ©深野未季/文藝春秋

ヒャダイン 僕の中では「徳光和夫」さんですね。

戸部田 ああ、なるほど!(笑)。

ヒャダイン 徳光さんと、あと男性アナウンサーのイメージが強いんですよ、日テレって。福留(功男)さん、徳光さん、福澤(朗)さん、羽鳥(慎一)さん……、今だったら桝(太一)くん。なんか男性アナが舵切ってる感じするんですよね。

この記事の画像