昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“分断社会”韓国は米朝首脳会談をどう見たか

直後の地方総選挙では保守派が壊滅的な敗北

2018/06/15

 6月12日、“世紀”の米朝首脳会談が突風のごとく終わった。

 トランプ米大統領は会談後、「北朝鮮は非核化に向けて大きく前進した」とツイッターに投稿し、会談の成果を自画自賛したが、米メディアは「単なる政治ショーに終わった」(CNN)などと一斉に批判。

 韓国では、保守系メディアからは、「あきれて荒唐な米朝会談、このまま行けば北は核保有国になる」(朝鮮日報)、「あまりにも低い水準の合意、非核化の道遠し」(中央日報)と批判の声が上がる一方、進歩・革新派系は「金正恩トランプ、平和の行進始める」(京郷新聞)、「70年の敵対越え平和へ」(ハンギョレ)と会談を評価した。

米朝会談を報じる翌日の韓国紙 撮影/著者

韓国の人々は「想定内」?

 そんな二分するメディアとは裏腹に韓国の人々の反応は、「想定内」という淡々としたものが目立った。トランプ大統領の記者会見の様子をソウル駅のテレビで見ていた男性(50代後半、自営業)は、「やっぱり具体的なことは全然、出てこないねえ。抽象的で、これからやるという、全部、未来形だ」、そう言って苦笑しながらも、こんな言葉で結んだ。

「一気に解決するなんてことはできるわけがないんですよ。

 私たちだって同胞とはいえ70年間休戦状態で、異なる社会を歩んできた。少しずつ、自然な展開がいいんです。あれもこれも一気に解決しようとすればどこかで衝突する。もうそんな同じ轍は踏まなくていい」

6月12日に会談が行われたシンガポールの「セントーサ島」は、マレー語で「平和と静寂」を意味するという ©getty

米朝会談に期待した2つのこととは

 韓国で会談前に注目されていたのは大きく2つ。「米朝がCVID(北朝鮮の完全かつ検証可能で不可逆的な非核化)での合意に至るか」と「朝鮮半島の終戦宣言ついて議論されるか」だ。会談の1週間ほど前からは、文在寅大統領が統一地方選挙(13日)の事前投票も済ませ、週末の予定を空白にしてシンガポール入りに備えているという報道がさかんに流れた。