昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ライムスター・宇多丸がある人に語った「オレの高田文夫になってくれ」

『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』鼎談 #2(前編)

2018/06/23

 TBSラジオの番組『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(通称『タマフル』)』が今年の3月31日、11年の歴史に幕を下ろし、新番組『アフター6ジャンクション』が始まって早2カ月。ライムスター宇多丸、エッセイストでイラストレーターのしまおまほ、構成作家の古川耕による「『タマフル』鼎談」第2回の前編では、しまおの「紅一点論」や、宇多丸が古川に告げた「オレの高田文夫になってくれ」発言の真相について、とことん語る。(#2 後編へつづく)

(左から)古川耕さん、宇多丸さん、しまおまほさん

◆ ◆ ◆

私が心配なのは、スタジオに女の人がいるっていうこと

宇多丸 新番組でさ。エゴサーチしたところ、「宇多丸さんは面白いと思うけど、聞き流しができるタイプじゃないからこの時間帯はどうなんだ」っていうのがあってさ。

古川 それはもうしょうがないよね。

宇多丸 でもオレ、聞き流せるようなことしか言いませんよ。「もうこれ以上聴いても無駄だな」っていう。

古川 リスクのある戦略。

宇多丸 例のあれですよ。得意のなんにも言ってないやつ。

古川 普通に邪魔だと思うよ、それ。

しまお 私が心配なのは、スタジオに女の人がいるっていうこと。

宇多丸 なんてことを言うんだよ、あなた。

 

しまお だって、うまくいくタイプの人といかないタイプ……意外に女の人ってうまくいったりいかなかったりするから心配なんですよね。

宇多丸 え? どういうこと?

しまお すごいかわいい人が来るとなんか緊張する。ライバル視じゃないけど。

宇多丸 え、なんの話?

古川 ゲストの話?

しまお ゲストだけじゃなくて、やっぱり『タマフル』だったら、私だけじゃないですか。ADさんとかはいるけど。

宇多丸 ちょっと待って……。しまおさんの話?

しまお そうそう。

古川 ああ、紅一点としての地位が脅かされると。

しまお そうそう。紅一点っていう揺るがない安心感。ライバルがいない。でも、女子アナなんて絶対的なかわいさ備えた人が目の前に現れたら、なんか腹立つっていうか……。

古川 あはははは! だったら熊崎君がいる月曜日にすりゃよかったですね。

宇多丸 でも、アナウンサーさんは意外と、全員それぞれ華々しい自分っていうアイデンティティじゃなかったりするみたいですよ。本人的には。

 

しまお でも、それも結局なんかねぇ……。

古川 まぁ、わからないでもないけど。

しまお でも、もうそこを攻撃していくしかない。

宇多丸 攻撃ってなんだよ。

しまお 私が攻撃するしかない。私、昔からほんとそう。目が大きくて愛嬌のある顔だって言われてたけど、すごい美人が隣に居るとすっごいドブスに自分が思えてきて……。

宇多丸 そんなこと思ってないよ!

しまお いや、私が思ってて。

 

古川 それはもうしょうがないな。

しまお だから、比べる対象がいるのはよくないってずっと思ってたんです。思春期ぐらいから。

宇多丸 しまおさん、今は全然素敵だと思うけど、しまおさんの思春期って、だって、ほら。

古川 オトコ*じゃん。(*幼少期のしまおまほを写した写真で、男子にしか見えない1枚があったことからたまにこう言われている)

しまお オトコだけど。

宇多丸 それはしょうがないじゃん。

しまお でも、なんかやっぱりね……。だから、比較対象があると今度自分がおばさん化しそうな気がして。

古川 つい過剰におばさんとしての鎧をまとってしまう、みたいな。

しまお そう。

宇多丸 まぁ、しまおさんの言わんとしてることも分かるよ。

しまお そこのケア。大事です。

古川 そんなことまでパーソナリティがケアしなきゃいけないのか。

しまお そこは不安がありますね。

古川 大変だね。考えることが多くて。

この記事の画像