昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「本気の昆虫採集」おじさん2人旅 殺人現場編

ツチハンミョウ好き男子の虫採り記 #1

著名な生物学者と生物画画伯が本気で昆虫採集をしました。東京近郊の自然を求めて秦野の山に向かう、いい歳をした大人2人の素敵な冒険録、前編です。

登山道入口でツーショット 左から福岡伸一さんと舘野鴻さん ©三宅史郎/文藝春秋

まずは道具から、シガコンと六本脚

<絵本作家、舘野鴻さんのアトリエがある秦野に遠征した福岡ハカセ。昆虫採集に最適なのは午前中と夕方ということで、東京を朝7時に出発し、9時から虫採りがスタートする>

福岡 だいぶ使い込んでいますね、その捕虫網。私のは「シガコン(志賀昆虫)」のなんですが、舘野さんのは?

舘野 これとこれがシガコンですね。今日はこっちにしようかな。「六本脚」の長竿で、8メートルくらいに伸ばせるんです。

福岡 おお、昆虫文献でも有名な千代田区三番町の「六本脚」ですね。東京の昆虫少年にとって虫グッズの老舗といえば、「志賀昆虫」か「六本脚」。最近はネットで買えるようになったので便利ですよね。私のも40センチ弱に短くできるので、網部分と一緒に常にリュックサックに入れてあるんです。