昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

瀧井 朝世
2016/02/28

多忙を極める中で書いた『対岸の彼女』で直木賞を受賞。つねに新しい「課題」と向き合う――角田光代(2)

話題の作家に瀧井朝世さんが90分間みっちりインタビュー 「作家と90分」

genre : エンタメ, 読書

(1)より続く

角田光代(かくたみつよ)

角田光代

1990年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。1996年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、2003年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、2005年『対岸の彼女』で直木賞、2006年「ロック母」で川端康成文学賞、2007年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、2011年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞、2012年『紙の月』で柴田錬三郎賞、『かなたの子』で泉鏡花文学賞、2014年『私のなかの彼女』で河合隼雄物語賞を受賞。

――さて、『空中庭園』の頃に話を戻しまして、この作品が直木賞の候補になってからは、どのような変化があったのでしょうか。

空中庭園 (文春文庫)

角田 光代(著)

文藝春秋
2005年7月8日 発売

購入する

角田 『空中庭園』が直木賞の候補になったので、すべての小説誌から依頼がきたんです。みんな、「直木賞はうちで獲ってもらいたい」っていう気持ちがあるんですよね。前は1社ずつ1誌でやっていたんですけれど、今度は全部一緒にやったんです。全部引き受けて、全部連載を一緒にやりました。そのときは無意識のうちに、今までと違うことをやるので、まず今までと違うってことを意識しないといけないし、今まで頑張ってつけてきた筋肉じゃなくて、新しい筋肉をつけなくてはいけないから、量を書けば書くほど筋肉がつくだろう、という気持ちがあって。

――筋肉はつきましたか。ついたから今があるんでしょうけれど。

角田 ついたと思いますね。ただ、2006年には「筋肉がついたから、もう量はいい」と思ったんです。その時に黒井千次さんにも言われたんです。「もうそんなに書かなくていいから、次はひとつずつじっくり書くことを考えたらどう?」って。私もそう思っていたので、もう量はいいと思って、2006年くらいに「連載の量を減らす」というのをモットーにしたんです。でもそれから、実際に仕事を減らすのに10年かかりました。

――10年! なぜですか。2006年に決心しても、もう先の仕事が決まっているからですか。

角田 そうです。連載中のものもあれば、3年後に約束しているものもあったりして……。いい教訓でした。人はなにかをやめようと思ったら、10年かかるんだと(笑)。

瀧井朝世

――その2006年の前、2005年に『対岸の彼女』(2004年刊/のち文春文庫)で直木賞を受賞されますよね。ものすごく忙しいなかで書いたということですよね。

対岸の彼女 (文春文庫)

角田 光代(著)

文藝春秋
2007年10月10日 発売

購入する

角田 そうでした。あれはすごく不思議な話なんですけれど、『空中庭園』が直木賞に落ちて文藝春秋の方たちが残念会みたいなものをやってくれた時、今はもう退職された寺田さんという方がそこでなぜか「角田さんさ、女社長書いたら?」って言ったんです。「え、なんでですか」と訊いたら「そう思っただけ」って。じゃあ女社長を書くかなと考えたんです。

「何の社長にしよう」と考え、前から書きたかったテーマと組み合わせたり、それにはもう1人女性が必要だなって………という感じで、どんどん決まっていきました。

――一方で角田さんは短篇集もものすごく多いですよね。短篇ひとつひとつ、ゼロから登場人物を作っていくのは大変な作業だという気もします。

角田 それこそ最初、30代半ばくらいまでは、短篇が上手くなりたかったんですね。きっと自分が短篇が好きだからだと思うんですけれど。ただ、短篇を書く機会が増えたのは、2004年、2005年以降は小説誌が、一気に書き下ろしで250枚とかを頼むよりも50枚を6回書かせれば確実に1年後に本ができるってことに気づいて、安易に作家にそういうことをさせるようになったことも大きいです。自分もそれに乗せられていたんですけれど。連作って最初に一貫したテーマを決めるから、楽だとも言えるんです。『おやすみ、こわい夢を見ないように』(06年刊/のち新潮文庫)だったら殺人は犯さないけれど、誰かを憎む気持ちみたいなものを共通のテーマにしたり、『ドラママチ』(06年刊/のち文春文庫)では「ワタシマチ」「コドモマチ」「ヤルキマチ」みたいに何かを待つことをテーマにしたり。

おやすみ、こわい夢を見ないように (新潮文庫)

角田 光代(著)

新潮社
2008年5月28日 発売

購入する

ドラママチ (文春文庫)

角田 光代(著)

文藝春秋
2009年6月10日 発売

購入する
はてなブックマークに追加