昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載テレビ健康診断

太め、薄毛、独身という41歳男の“精子事情”

『Nスペ5min.』(NHK総合)――青木るえか「テレビ健康診断」

2018/09/09

 7月末にNHKスペシャルが『ニッポン“精子力”クライシス』ってのをやって割と話題になった。なんせNHKが正面から「精子!」。私もタイトルにつられてぼんやり見てたが、思ったほどの衝撃はなかった。白い全身タイツの男が精子役で出てくるとか、いかにも最近のNHKぽいというか、想像の範囲内のことをやってるという感じ。

 そんなことも忘れていた8月末の土曜日の午前中。NHKからまた「精子力」というコトバが。好評につき再放送かと思ったら『Nスペ5min.』というものだと判明。Nスペを5分のダイジェストにして放送してるんだって。

 この5分凝縮の『精子力』の吸引力がすごかったんだ。前に見てるはずなのに!

©iStock.com

 一時間近い番組を5分にって、どの部分をつまみ出すのかと注目してたら、番組内で「精子の調査に協力してくれた一般人の片岡さん」にしぼってダイジェスト。41歳の片岡さんは精子の数が少なくて弱い。そこで片岡さんちにカメラを設置して生活に密着。どういう生活が精子を弱らせるのか、映像を見ながら医者が指摘する。ずっと座りっぱなしだと精巣の血流が悪くなり……とCGで図解。やけにリアルに表現される玉と竿。

 この片岡さんが絶妙の「四畳半独身四十男」で、太めの体型とか頭頂部の薄毛ぐあいがあまりに出来すぎている。これはプロダクションから借りてきた架空の人物じゃないかと疑いたくなる。その片岡さんができあいのイカフライとかをパソコン見ながらうれしそうに食べてる姿は、いかにも精子が弱々しそうで「たとえ子供はいらなくても精子は強くしておきたい」と思わせるものがある。

 7月にやった本編では、鈴木おさむがごくふつうに自分の精子の話などしていて、そういうのもいかにも最近のNHKぽくて流して見ちゃっていて、……こんなすごい場面あったっけ!?

 ここをダイジェストしたということは、制作陣も「見どころはココ!」と思っていたに違いない。印象に残ったしためになったし片岡さんのことは忘れられない。この5分で日本の「精子力」の現状と今後の展開についてはすべてわかった。

 ……ということは、別に一時間のスペシャルにしなくてもこの5分でいいということに……となるとNスペの存在意義が。でも本編よりこっちのほうがぜったい番組としてはよくできてた。今後もこの5分に注目したい。

『Nスペ5min.』
NHK総合 土 9:55〜10:00
http://www6.nhk.or.jp/special/index.html