昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ザコシショウが語る同期芸人「ハンマーカンマーのきっかけはケンコバ」

テレビっ子・ハリウッドザコシショウさんインタビュー #3

 高校卒業後、吉本の養成所NSCに通ったハリウッドザコシショウさん。その同期は“花の11期”と呼ばれ豪華なメンバーが揃う。「今でも食事に行く」という同期のケンコバとの会話から、古畑任三郎のものまねの「ハンマーカンマー」が誕生した。(全3回の3回目/#1#2

 

中川家、陣内、たむけん、ケンコバ……花の11期

―― NSCで同期だった人たちが先にどんどん売れていったじゃないですか。どう思ってました?

ザコシショウ 腹が立ちますよ、本当。でもやっぱり面白いですからね。“花の11期”って言われるぐらいで。だってメンバーが中川家、陣内(智則)、たむらけんじ、ケンドーコバヤシ……、それで僕。いまだに残っているほうですよね。芸能界を動かしているようなメンツじゃないですか。得意なもんが、それぞれ違うっていうのがあるんですよね。僕だったら瞬発力があるギャグやネタ。ケンコバはトークがメイン、陣内はMCが得意で、たむらは食レポみたいな。中川家はマルチですしね。どっちも頭おかしいですけど。ハハハハ。

いまでも飯を食いに行くのはケンコバくらい

―― いまも11期で集まるんですか。

ザコシショウ いやいや。ないですね。ケンコバと収録が一緒だったら、飯は食いに行きます。恥ずかしいみたいですよ、あいつら。ケンコバに「お前と一緒に行くぐらいだ」って言われます。「たむらとかと一緒に行くの?」って聞いたら、「いや、行かない。なに話していいかわかんねえから」って。(中川家)礼二は礼二でね、ケンコバと行きたいんです。でもなんか言えないんですって。まあ陣内とたむらは仲がいいらしいですけどね。

―― この間の『ドキュメンタル』(シリーズ5)では本当に(心斎橋筋)2丁目劇場の同窓会みたいなメンバーでしたね。 

ザコシショウ あれ見ました?

 

―― 見ました。最高でした!

ザコシショウ ケンコバ、陣内、たむけんと同期のメンバーが3人いて。たまたま僕の同期だったから良かったですけど、ほかのメンバーからしたらたまったもんじゃないですよね(笑)。たとえば、NSC8期の(千原)ジュニアさん、原西(孝幸)さん、なだぎ(武)さん、木村(バッファロー吾郎A)さんとかが揃った中で僕1人入ったら、相当やりにくいと思いますよ。

―― 最後のほうでケンコバさんとやり合うシーンは、すごく感慨深かったです。

ザコシショウ 俺もエゴサーチが好きでそういう感想よく見るんですよ。でもやってるこっちは、とにかく笑うのを耐えなきゃいけないって必死ですから。

この記事の画像