昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ゲソ天そば」の密かな名店 “途中下車”してでも行きたい市川駅「鈴家」

関西風「海のつゆ」が絶品

2018/10/30

genre : ライフ, グルメ

 JR市川駅南口には高層ビルが2棟ある。そのうちのザタワーズイーストの2階に、カウンター10席程度の小さな大衆そば屋「鈴家」がひっそりと営業している。『そんなところにあったっけ?』という人も多い目立たないお店だが、実は「鈴家」は大きな「ゲソ天」の店として有名なのである。

東京方面から総武線快速で江戸川を渡ればもうすぐJR市川駅だ
駅南口の広場と高層ビルのザタワーズイースト

ほとんどのお客さんが「ゲソ天そば」目当て

「鈴家」は1977年、市川駅南口すぐで創業したが、その後の駅前再開発で3度引っ越して今の高層ビルに落ち着いた。駅改札から1分という立地。10月の第4週の水曜日の午前10時頃に伺うと、大将がいつものように笑顔で迎えてくれた。

ザタワーズイーストの2階、「鈴家」はひっそりと営業している

「鈴家」ではお客さんのほとんどが「ゲソ天そば」(470円)を頼むという人気ぶりである。他には「ソーセージ天」(110円)、「かきあげ天」(100円)が人気だそうだ。

 さっそく、「ゲソ天そば」を注文した。待つことしばし1分で着丼。まさにどんぶり一面にゲソ天が載って登場したわけである。そして、小切りにしたねぎもたっぷりと載っていて、淡い緑色がきれいで食欲をそそる。

どんぶり一面にゲソ天が載って登場した「ゲソ天そば」(470円)