昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

食べログの点数、誰も知らない「賢い読み方」

食のプロが明かすおいしい店発掘術(1)  大崎裕史×伊藤章良×子安大輔

genre : フード, グルメ

──かつてはテレビや雑誌などが発信していた「美味しい店情報」がいま、どんどんネットに替りつつあります。そこで、食べログレビュアーでもあるラーメン評論家の大崎裕史さん、食随筆家の伊藤章良さん、食プロデュースの専門家の子安大輔さんと、立場は違えども食べ手のプロ3人に美味店発掘のとっておきの方法をうかがいます。

大崎 テレビや雑誌が情報のメインだった時代が変わったのは、私の実感としては1996年ですね。それまでは、降りた駅で電話ボックスの電話帳をめくって探して行くようなこともやっていましたが、当然外れのほうが多くて、たまに美味しい店に当たった時は今とは比べ物にならないほど大きな喜びでした(笑)。それが96年以降、インターネットが普及し、個人でホームページを開設してラーメン店を紹介する人が出現した。

伊藤 その当時、大崎さんが開設した東京のラーメン店を紹介するサイト「とらさん(正式名称:東京のラーメン屋さん)」がすごくおもしろくて、よく見ていました。

大崎 あれを開設したのが95年だから、やはり20年ほど前ですね。98~2000年頃は情報を発信する人が増え、情報の量もちょうどいい感じで、とても便利だなと感じていましたね。

大崎裕史 (株)ラーメンデータバンク創業者。自称「日本一ラーメンを食べた男」としてマスコミ露出。昼はほぼ毎日ラーメン2-3杯で年間750杯ほど、夜はラーメン以外の外食で年間300軒。著書は『日本ラーメン秘史』など。

伊藤 僕も2003年頃に「情報ポータルサイト」でおいしい店の紹介記事を週に1回書いていましたが、アップした瞬間、紹介した店の電話がパンクするという感じだったみたいですね。あの当時でもそんなに情報がなかったようで。

大崎 当時の方が情報に飢えていて、アクセスはすごかったですね。

──でも90年代はバブルだったから、テレビのグルメ特集も多かった。88年創刊の「Hanako」や、93年から始まった「料理の鉄人」などで、グルメ情報に親しんできた人が増えてきた。ボージョレ・ヌーボーやティラミス、もつ鍋などのブームも懐かしい(笑)。

食べログ登場以前にあった幻のネットグルメサイト

子安 そうですね、2000年代前半までは、ネットを使うと言っても、まだ閲覧しているだけの方が圧倒的に多かったと思います。

大崎 ネットが台頭してきて、既存のマスコミは負けるのかと思いきや、個人のラーメンサイトを調べて逆にうまく利用して視聴率、部数を稼ぐという時代でしたからね。

大崎 2000年代前半に日本テレビが大晦日に「史上最大!全国民が選ぶ美味しいラーメン屋さん列島最新ベスト99」を放送した時は、1位になった湯島の「大喜」や高田馬場の「俺の空」はものすごい行列になりました。今はその役割はミシュランが担っていますよね。2015年にラーメンで初めて一つ星を取った巣鴨の「Japanese Soba Noodles蔦」はあまりの行列で近所から苦情が出て、移転を検討しなければならなくなりました。昨年末に新しく一つ星になった大塚の「鳴龍」も発表翌日からすごい行列でした。

子安 そしてネットからの情報量が増え始めた2005年に食べログが登場したんですよね。

子安大輔 1976年生まれ。東京大学経済学部を卒業後、博報堂でマーケティング戦略立案に携わる。(株)カゲンを設立し、飲食店や商業施設のプロデュースなど食に関する企画を手がける。著書に『「お通し」はなぜ必ず出るのか』など。

――2005年というと、ライブドアのフジテレビ買収騒ぎがあったり、ヒルズ族が話題になった年ですね。

大崎 そのころでしたっけね。食べログはいまでもよく見ているし、活用していますよ。現在はグルメ情報が多すぎて、おいしい店に行きたいけど、どこに行けばいいのかわからないという人はすごく多い。そんな人たちにとって食べログは1つの心強い指標になっているし、日本人は数字やランキングが大好きなので、よけい食べログのようなものが支持されているのだと思います。

伊藤 システム的にすごく優れていますよね。いろんな人の感想が読めたり、カテゴリーや地域別に情報が体系的に整理されているので、自分が知りたい情報に瞬時にアクセスできるという仕組みが極めて優れています。最近でも、トリップアドバイザーやYelpなどと比較して、その素晴らしさを実感します。

子安 飲食店検索サイトとしてはやはり、一番便利で重宝してますね。「外さない」ということに関しては食べログが担保する力はすごい。見ず知らずの土地で嫌な思いをせずにすむし、そこそこおいしいものを食べたい時に役に立つという意味で素晴らしいと思います。

伊藤 つまり飲食店を検索する辞書ツール的な意味ではすごくわかりやすくて便利なわけですけど、いま問題になっているのは、それをどう使うかということでしょう。

 食べログ側というよりは、レビューを書いている人と食べログとの関わり合いや、レビュアーの質がどんどんよくない方向に行っているからのような気がしてるんです。

 食べログができたばかりの頃、レビュアーの大半は96年からあった「askU東京レストランガイド」(以下東レス)からの移転者だったんですよね。東レスの使い勝手があまりよくなかったり、運営方針にトラブルが出ていたところに、同じようなスタイルの食べログが出てきたから。

 当時、彼らから「東レスは運営側の縛りがきつくて書きにくかったんだけど、食べログは何を書いても運営側から何も言われず、感じたことを正直に書けるからいいんだよ」という話をよく聞いていました。もっとも、今は食べログの規制もきつくなってきたと聞きますから、投稿サイトというものは、どれも同じような流れをたどっているのかもしれませんけれどね(笑)。

はてなブックマークに追加