昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「無人駅はドキドキします」有村架純が語る学生時代“思い出の鉄道”

有村架純さんに鉄道のことを聞いてみようインタビュー#2

2018/12/02

『かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発』で肥薩おれんじ鉄道の運転士を志す主人公・晶を演じる有村架純さん。そんな有村さんの “思い出の鉄道”は? 懐かしい車窓風景やドキドキする駅についてもお話ししてくださいました。(全2回の2回目/#1より続く)

有村架純さんが鉄道を語った

十三から中津に向かう途中の橋を渡る景色が好き

――有村さんは関西のご出身ですよね。となると、上京の際には新幹線……。

有村 いえ、実は上京は飛行機だったんです(笑)。だから、『ひよっこ』や『あまちゃん』のように鉄道で故郷をあとにするような経験はなくて。ただ、しばらく地元の伊丹から東京に通っていた時期もあったので、新幹線にもよく乗っていました。オーディションに行くときは、新幹線で新大阪から東京までの2時間半の時間がとにかく苦痛でした。緊張して吐きそうになりながら乗っていたという思い出があります。

 

――関西で暮らしていたときには電車で出かけることも?

有村 伊丹出身なので、最寄り駅は阪急伊丹駅。ですからそれこそ『阪急電車』の舞台の阪急には毎日のように乗っていました。小豆色の電車の緑色のシートに座って(笑)。学生の頃は地元よりは梅田や心斎橋で遊ぶことが多かったので、阪急に乗って、梅田に出て、そこから地下鉄御堂筋線に乗り換えて行くんです。阪急の十三(じゅうそう)から中津に向かう途中の橋を渡るところの景色は大好きでした。

 

――あの阪急神戸線・宝塚線・京都線がすべて並んで淀川を渡る区間ですね。

有村 もうすぐ梅田だ、中津の次は梅田だぞ、って。これから遊ぶぞ! みたいにワクワクする時間でした(笑)。