週刊文春 電子版

《現場写真入手》組織委が抱える五輪オフィシャルグッズ過剰在庫 一部は転売「シャツが1万6000円」

あとの祭

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治 スポーツ

 九月五日に無事閉幕したパラリンピック。しかし、その舞台裏には山と積まれた段ボールが。中には一体、何が入っているのか。

 
全ての画像を見る(19枚)
 
 

「医療スタッフのためのオフィシャルグッズです。帽子、シャツ、ジャケットやパンツなどが各会場で余り、それらが今、晴海トリトンにどんどん集まっている状態なのです」(東京五輪・パラリンピック大会スタッフ)

 
 
 
 
 
 
 
 

 

 スタッフの人数を正確に把握しなかったため、医療チームのグッズが過剰在庫になってしまったのだ。各会場は、晴海トリトンへの輸送料を削減するためスタッフに持ち帰らせているという。友人がボランティアスタッフを務めていた女性がこう証言する。

「ある日、友人が大量のオフィシャルグッズを持って帰ってきたのです。『このままだと捨てられてしまうみたいだから、もしあなたも欲しかったらどう?』と色々な人に聞いて回っていました」

無料で配布されたグッズを持ち帰るスタッフ
この会場では、持ち帰る数は無制限とされた
配られたグッズ
配られたグッズ
これを持ち帰った
シューズと見られる
 

 また、規約で禁止されている転売で儲けを得ようとする人物もいたという。

「記念に欲しがる人が多いのか、高額で転売されているケースが目立ちます。業者に通報しても、いたちごっこの状態です。またトリトンは、誰でもいつでも入れるので、グッズをくすねることは簡単。在庫管理も徹底していないので、どれだけ盗られているかもわかりません」(別の大会スタッフ)

なんと1万6000円で落札

 なくならないグッズをどのように後処理するのかで、組織委員会担当者は頭を抱えている。

「どうにかして在庫を一掃したいからか、今まで少しでもお世話になった医療機関や大学、果ては運送会社にまで、グッズを譲渡しようとしているようです。やり方はほとんど押し売りのようなものですね」(同前)

 到底さばききれそうにない在庫を一体どうするのか。組織委員会に質問したが、期限までに回答は得られなかった。

 様々な意見の中で幕を閉じた東京大会だが、“あとの祭”はまだまだ続く。

 小誌の締め切り後、組織委員会から以下の回答が寄せられた。

〈医療スタッフ用のオフィシャルグッズについては、直前の無観客決定などもありお越しいただくスタッフ数が減少したため一旦は余剰が発生し、晴海トリトンスクエアの執務室などで保管していますが、大会準備期間も含めて医療サービス関係に御協力いただいた関係団体などに配布するめどが立っており、近日中に在庫は無くなる予定です〉

source : 週刊文春 2021年9月16日号

この記事の写真(19枚)

文春リークス
閉じる