昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

週刊文春 電子版 利用規約

本利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社文藝春秋が(以下「当社」といいます)が提供する「週刊文春 電子版」のサービス(以下「本サービス」といいます)の利用条件を定めるものです。

第1条(適用)

1.本規約は、本サービスの提供条件及び本サービスの利用に関して、当社と利用者、利用申込者、登録者との間の権利義務関係を定めることを目的とし、当社と利用者、利用申込者、登録者との間の本サービスの利用に関わる一切の関係において適用されます。

2.本規約の内容とその他の本規約外における本サービスの説明等とが異なる場合は、本規約の規定が優先されるものとします。

第2条(定義)

本規約において使用する用語を次のように定義します。

1.「利用契約」とは、本規約を契約条件として当社と利用者、利用申込者、登録者との間で締結される、本サービスの利用契約をいいます。

2.「当社」とは、株式会社文藝春秋をいいます。

3.「本サービス」とは、当社が提供する「週刊文春 電子版」という名称のサービスをいいます。サービスの名称または内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含みます。

4.「当社ウェブサイト」とは、ドメインが「https://bunshun.jp/」である、当社が運営するウェブサイトをいいます。当社のウェブサイトのドメインまたは内容が変更された場合は、当該変更後のウェブサイトを含みます。

5.「利用者」とは、本サービスを利用する個人または法人をいいます。

6.「利用申込者」とは、本サービスを利用及び、第3条(登録等)に基づき、登録を希望して申込を行おうとする個人または法人をいいます。

7.「登録者」とは、本サービスの利用の有無にかかわらず、第3条(登録等)に基づく登録がなされた個人または法人をいいます。

8.「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、またはそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます)をいいます。

9.「利用者によるコンテンツ発信」とは、利用者が本サービスを利用して投稿その他送信するコンテンツ(文章、画像、動画その他のデータを含みますがこれらに限りません)をいいます。

第3条(登録等)

1.本サービスの利用申込者は、本規約を遵守することに同意し、かつ当社の定める一定の情報(以下「登録情報」といいます。)を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し本サービスを利用するための登録を申請することができます。

2.当社は第1項に基づいて登録申請を行った登録の可否を判断し、承諾した時に本サービス利用契約が成立するものとします。

3.前項に定める登録の完了時に、利用申込者と当社の間にサービス利用契約が成立し、本サービスを本規約に従い利用できるようになります。

4.当社は、以下の場合において本サービスの利用を承諾しないことがあります。その理由について、当社は一切開示義務を負いません。また、利用申込者は承諾の結果に対して異議を述べることはできないものとします。

a. 当社に提供した登録情報の全部または一部につき虚偽、誤記または記載漏れがあった場合
b. 利用申込者が届け出ている住所、電話、メール等の連絡先に連絡が取れない場合
c. 利用申込者が支払決済を利用できない場合
d. 過去当社との契約に違反した者またはその関係者であると当社が判断した場合
e. その他当社が不適当と認めた場合

5.利用者が本サービスを解約した場合でも、退会するまでは登録が継続されます。

第4条(登録情報の変更等)

1.利用者は登録情報に変更があった場合、当社が定める方法により当該の変更情報を当社に届出をするものとします。

2.本サービスの利用者が前項の届出をするまでの間または前項の届出を怠ったことにより不利益を被ったとしても、当社は一切その責任を負いません。

第5条(ユーザーID及びパスワードの管理等)

1.本サービスの登録者は、自己の責任において、本サービスに関するユーザーID及びパスワードを適切に管理及び保管するものとし、これを第三者に貸与、譲渡、売買、名義変更等をしてはならないものとします。

2.ユーザーID及びパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって生じた損害に関する責任は登録者自身が負うものとします。

3.パスワードは暗号化して管理されており、登録者からの問い合わせがあっても当社は原則としてお答えできません。

第6条(料金及び支払方法等)

1.本サービスの利用者は、本規約の定めに従い、本サービス利用の対価として、当社ウェブサイトに表示されている利用料金を、当社が指定する支払方法によって当社に支払うものとします。

2.本サービスの利用者の住所地にかかわらず、日本時間を基準として課金されます。

3.定期購読及び単体記事購入の契約期間中は利用の有無にかかわらず、所定の利用料金が課金されます。

4.定期購読の契約期間中に解約またはプランを変更した場合でも、日割り計算による減額は行わず、契約期間に適用されている利用料金の全額を支払うものとします。残存している有効期間中は継続して本サービスを利用できます。

第7条(本サービスで提供される内容等)

1.当社は本サービスとして当社ウェブサイトに表示されている内容のものを提供するものとします。

2.会員は、本サービスの利用にあたり、次の各事項を承諾します。

a. 定期購読は契約期間中に対象となる有料記事全てが閲覧できるものとします。
b. 単体記事購入は契約期間中に対象となる有料記事のみが閲覧できるものとします。
c. 定期購読及び単体記事購入の契約期間にかかわらず、対象となる有料記事が閲覧できる期間は当社ウェブサイトで公開開始時から原則1年間とします。閲覧できる期間に関わらず利用料金の減額や返金は行いません。また、当社が必要と判断した際には、記事内容の変更あるいは記事公開を終了する場合があります。これに起因して生じた利用者及び第三者の被害に対して一切責任を負わないものとします。

3.利用者は登録の完了とともに、登録されたメールアドレス等に対して、メールマガジン等の当社からの情報提供を承諾するものとします。当社が必要と判断した場合、情報提供の内容変更、中断、終了できるものとします。

第8条(禁止事項等)

本サービスの利用者は、利用にあたり以下の行為を行わないものとします。

1) 当社もしくは他者の権利を侵害する行為または侵害する恐れのある行為
2) 法令に違反する行為または犯罪行為に関連する行為
3) 第三者になりすまして本サービスを利用する行為
4) 特定の宗教活動、団体への勧誘行為
5) 当社もしくは他者の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利または利益を侵害する行為
6) 本サービスのネットワークまたはシステム等に過度な負荷をかける利用及び運営に支障を与える行為
7) 当社のネットワークまたはシステム等への不正アクセス
8) 本人の同意を得ることなく、または詐欺的な方法により、登録情報、利用履歴情報等を収集する行為
9) 当社、本サービスの他の利用者またはその他の第三者に不利益、損害、不快感を与える行為
10) 本規約、法令、または公序良俗に反する行為
11) その他、当社が不適切と判断する行為

第9条(利用停止、登録抹消等)

1.当社は、以下のいずれかに該当する場合には、利用者に事前に通知及び催告することなく、本サービスの全部または一部の提供を停止または中断、登録を抹消することができるものとします。

a. 電話、FAX、メール等による連絡がとれない場合
b. 登録情報に虚偽の事実があることが判明した場合
c. 支払停止または支払不能となった場合
d. 破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始、もしくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
e. 利用者が法令等の違反により刑事処分等を受けた場合
f. 本サービスにかかるコンピューター・システムの点検または保守作業を緊急に行う場合
g. コンピューター、通信回線等の障害、誤操作、過度なアクセスの集中、不正アクセス、ハッキング等により本サービスの運営ができなくなった場合
h. 天災地変、戦争、暴動、地震、落雷、火災、風水害、停電等の不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
i. 本規約のいずれかの条項に違反した場合
j. 本サービスの利用が一定期間ない場合
k. 第3条第4項各号に該当する場合
l. その他、当社が停止または中断を必要と判断した場合

2.本規約に違反し当社が損害を被った場合、サービス利用契約の停止の有無にかかわらず、当該サービスの利用者に対して被った損害の賠償を請求できるものとします。

3.利用契約が解除され、当社に対して負っている債務が有る場合は、利用者は当社に対して負っている債務の一切について、支払を行わなければなりません。

4.利用契約を解除したことにより、利用者に損害が発生したとしても、当社は一切責任を負いません。

第10条(退会等)

1.登録者は当社所定の手続の完了により、本サービスから退会し、利用者としての登録を抹消することができます。

2.退会にあたり、当社に対して負っている債務が有る場合は、利用者は当社に対して負っている債務の一切について、支払を行わなければなりません。

3.退会後の登録情報の取扱いについては、本規約の第13条に従うものとします。

第11条(本サービスの内容の変更、中断、終了等)

1.当社が必要と判断した場合、本サービスの利用者に事前の通知をすることなく、必要に応じて本サービスを変更、中断、終了できるものとします。これに起因して生じた利用者及び第三者の被害に対して当社一切責任を負わないものとします。

2.本サービスの利用者は本サービスの全部または一部の中断・終了があった場合も、利用できない期間について利用料金の支払を免れるものではないものとします。

第12条(免責等)

1.コンピューター・システムの保守作業等のため、購読申込、解約、プラン変更を行うことができない場合があります。利用者、利用申込者、登録者に不利益が生じたとしても、当社は一切の責任を負いません。

2.本サービスで提供される内容は、利用時点で当社が提供できる内容であり、サービスの機能や情報の完全性、正確性、適用性、有用性等に関して一切の責任を負いません。

3.本サービスにおいて、広告や宣伝を行っている事業主との取引は、利用者と当該事業社との責任において行うものとします。掲載されている広告の内容、当該事業社との取引に起因する損害について当社は一切責任を負いません。

4.本サービスにおいて、外部のウェブサイトへのリンクの表示や、埋め込み機能等を利用した外部の情報(SNS上でのコメントや動画等を含みますがこれに限りません)を表示する場合がありますが、これらのコンテンツ、広告、商品、役務等について当社は一切責任を負いません。

5.当社は、本サービスに関して利用者が被った損害については、利用者が過去6ヶ月間に当社に支払った対価の金額を超えて賠償することはないものとします。

6.本サービスに関連して利用者と他の利用者または第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、利用者が自己の責任によって解決するものとします。

第13条(個人情報の取扱い)

1.当社は本サービスの利用によって取得した登録情報の取扱いについては、プライバシーポリシー(https://bunshun.jp/list/privacypolicy)及び個人情報保護法等の法令の規定にしたがって取り扱うものとします。

2.当社は利用者がサービス利用終了後も、当社に提供した情報等を、履歴の検証等の目的に応じて保有し、当該情報を個人情報保護法等の法令の規定にしたがって取り扱うものとします。

第14条(知的財産権)

1.本サービスの知的財産権は、当社、各コンテンツの著作者または正当な権利を有する第三者に帰属します。

2.当社が承認した場合を除き、当社の提供する本サービス及び本サービスのコンテンツについて、その全部または一部を問わず、利用(複製、複写、公開、アップロード、送信、譲渡、貸与、翻訳、翻案、改変等)しないことを了承するものとします。

第15条(利用者が発信するコンテンツ等)

1.利用者は、利用者が発信するコンテンツが、第三者の権利等を侵害していないことを保証するものとします。

2.利用者は、利用者が発信するコンテンツについて、世界的、非独占的、無償、サブライセンス可能かつ譲渡可能な使用、複製、配布、派生著作物の作成、表示及び実行に関するライセンスを当社に対して付与するものとします。

3.当社は、本規約に違反している内容または当社が不適切と判断した利用者が発信するコンテンツについて、事前に通知することなく修正または削除する権利があるものとします。当社は修正または削除する理由について、個別の回答には対応いたしません。

4.利用者によるコンテンツ発信に起因する損害賠償等に関して、利用者自身の責任と費用をもって解決するものとし、当社に損害を与えた場合、当利用者に対して損害賠償の請求を行うことができるものとします。

第16条(本規約等の変更等)

1.当社が必要と判断した場合は、本規約を変更できるものとします。変更する場合、変更後の本規約の施行時期及び内容を当社ウェブサイト上での掲示その他の適切な方法により通知します。

2.変更の必要性等が合理的であると判断した場合には、当社は利用者の承諾を得ることなく本規約の内容を変更できるものとします。

3.利用者は本規約の変更後も本サービスを利用することで、変更後の本規約に同意したものとします。

第17条(連絡及び通知等)

1.本サービス及び本規約に関する問い合わせ、その他利用者から当社への問い合わせに対する連絡または通知は、ウェブサイト上での掲示やメール等当社の定める方法で行うものとします。

2.ウェブサイト上での掲示やメール等に、当社が連絡または通知を行った場合、掲示やメールが送信された時点で、利用者は当該の連絡または通知を受領したものとみなします。

3.利用者は当該の連絡または通知の確認を怠ったことに起因する損害については当社は一切責任を負いません。

第18条(利用契約上の地位の譲渡等)

1.当社の書面による事前の承諾なく、利用者は利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務について、第三者に対し、譲渡、移転、その他の処分をすることはできません。

2.当社は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合、本規約に基づく権利及び義務、登録情報その他の情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割及びその他事業が移転する場合を含むものとします。

第19条(準拠法及び管轄裁判所)

1.本規約及び利用契約の準拠法は日本法とします。

2.本規約及び利用契約に起因し、または関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

【2021年3月10日制定】