週刊文春 電子版

「クリスマスにとんでもない数の米兵が…」コロナクラスターで感染爆発 沖縄“基地の街”で今起こっていること

「こちら側にはゲートがあるが、あちら側にはない」沖縄の人々は怒っている

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

ニュース 社会 国際

「マスクをしていない米兵はよく見ます。この辺では基地に関係するところで働いている人も多いので、言いにくいですけど……しっかり対策してほしいですよね。私たちが普段使っているスーパーの入り口でもマスクしていない米兵を見かけました。お店に入る時にマスクをしていないのだから、いつクラスター(感染者集団)が発生してもおかしくなかった」

 米軍基地「キャンプ・ハンセン」を抱える沖縄県中部に位置する金武町。基地の近隣に住む60代の女性は、不安げな表情でこう語った。

 キャンプ・ハンセンのメインゲートの前には、「新開地」と呼ばれる繁華街が広がる。日の丸と星条旗を掲げた象徴的なゲートが目を引き、訪れた人を異国情緒が包み込む。沖縄では、こうした繁華街・歓楽街は「社交街」と呼ばれ、各地に点在する社交街は、夜になると多くの若者や米兵たちで賑わっている。

閑散としている金武町の「社交街」

 だが、普段であれば深夜まで酔客の喧騒で包まれるという「新開地」は今、静まり返っている。ビール瓶片手に路上で談笑している米兵たちの姿も見えない。1月7日20時頃、記者が訪れた時にメインストリートを歩いていた人は数えるほど。私服姿の米兵もほとんどいなかった。代わりに目に入ってきたのは、静まり返った社交街を巡回する制服姿の米兵の姿だった——。

金武町の社交街は「新開地」という
巡回する米兵たち

***

 新型コロナウイルス・オミクロン株の感染拡大が止まらない。

 「第6波」の中心地となっているのが、沖縄県だ。1月6日に新規感染者981人を数えると、7日には1414人、8日には1759人、9日には1533人……と急速に拡大し、1週間前の約30倍のペースで増加し続けている。

 沖縄で感染が拡大したきっかけとなったのが、米軍基地で発生したクラスターだ。中でも突出して感染者が多いのが、冒頭の金武町にあるキャンプ・ハンセンである。昨年12月17日にクラスターが発生して以降、1月3日までに基地内で512名の感染が確認されている。

キャンプ・ハンセンの正面ゲート

 沖縄県の玉城デニー知事は昨年12月21日の時点でキャンプ・ハンセンからの外出禁止やアメリカ本国からの移動停止などを日米双方に申し入れたが、直後に対策がとられることはなかった。

 その後、ウイルスは市中に広がっていき、年明けの感染爆発を招く。日本政府は1月7日になり、ようやく「感染状況が急激に悪化している」として、沖縄県、山口県、広島県を対象にまん延防止等重点措置を1月9日から31日まで適用することを決定した。

 年明け早々、コロナ第6波に襲われた沖縄「米軍基地の街」。今、何が起こっているのか。

コロナ感染拡大と米軍頼みの経済活動——相反する感情

 キャンプ・ハンセンを抱える金武町。基地内で発生した大規模クラスターに端を発する市中のコロナ感染爆発に住民は憤っている。

 60代のタクシー運転手はこう明かす。

「キャンプ・ハンセンから米兵たちが出歩いているのは間違いないですよ。ここから25キロくらい離れた沖縄市にも遊びに行っていましたから。クラスターが発生した後も、平気で遅くまで飲み歩いていましたね。特にクリスマスはとんでもない数の米兵たちが出歩いていた。こういう状況になる前は、キャンプ・ハンセンから沖縄市までは片道5000〜6000円くらいの売上になるから乗せていたけど、僕は今あまり(米兵を)乗せないようにしています。

 近くの基地まで連れて行って、と言うのは大体がキャンプ・ハンセンの人です。でも昨日、一昨日あたりから一気に外出する人もいなくなって、売上は8割くらい減ってしまいました。これは間違いなくクラスター発生のせいですよ。日本政府の対応が遅すぎたと思っている」

 コロナの感染拡大に伴い、日本人の観光客の数も減ってきているという。金武町の社交街「新開地」にあるバーの経営者はこう漏らす。

「キャンプ・ハンセンでクラスターが発生してから、この辺はずいぶん日本人が減りました。普段はこの店も満席になるけど、今夜は5〜6人しか来ていないですしね」

 一方で、「基地の街」の経済活動を支えるのは、米兵たちでもある。

「町民より米軍関係者の方が多いこの街は、彼らのおかげで何とかやってきました。ここ数日は、米兵も全く来なくなりました。一部の報道で米兵がマスクをしていないことが取り上げられていましたが、あれはほんの一部。基本はみんなマスクをしていますし、礼儀も正しいですよ。オーナーとして、早く元通りになって、またバーに飲みに来てもらいたいです」(同前)

静まり返っている金武町の「社交街」

 金武町でミリタリーカットを専門とする理容室を営む30代男性もこう明かす。

「うちだけじゃなく、この街では米兵がお客さんの9割を占めています。先週まではなんとか持ちこたえていましたけど、今日(※1月8日)は本当に少なくなりました。これまで週末は平均で100人くらいの来客があったのですが、今日は10人も来ていませんから。飲食店なら補助がもらえますけど、理容室は補助がない。これからが不安です」

 キャンプ・ハンセンから拡大したコロナ感染と米軍頼みの経済活動——相反する感情に金武町の住民たちは悩んでいる。

 

監視の目が行き届かない場所では羽目を外す

 最も大きなクラスターが発生したキャンプ・ハンセン近くの社交街「新開地」では、世間の注目が集まっているからだろうか、21時までに兵士を基地に戻すよう、制服を着た米兵が目を光らせて街中を巡回するようになったという。

 だが、金武町から約25キロ離れた沖縄本島中部に位置する沖縄市を訪れると、また異なる景色が広がっていた。

 この街は、在日米国空軍最大の基地である「嘉手納基地」に面している。極東一の大きさを誇る滑走路を有する嘉手納基地は、沖縄市・北谷町・嘉手納町という3つの自治体に隣接している。基地の第2ゲート前に伸びるメインストリート、通称「コザゲート通り」を中心に社交街が広がっており、多くの飲食店が軒を連ねている。

 1月7日夜、コザゲート通りの飲食店街を訪れた。

 22時頃、中心部にある音楽施設「コザ・ミュージックタウン」の近くにある一軒のバー。屈強な肉体をした米兵3人がドリンクを片手に店の前でタバコをふかしながら談笑していた。夜の街に、バーから漏れ出している音楽が響きわたっている。店内を覗くと、かなりの人でごった返していた。多くが米軍関係者と見られる。マスクをしていない人も散見され、コロナ禍中とは思えぬ騒がしさだった。

バーの前でたむろする米軍関係者

 バーから離れて社交街を歩く。至るところでリラックスした様子の米兵を見かけた。大半はマスクをしないまま、飲食店で食事をしたり、コンビニで買い物をしたりしている。金武町とは異なり、コザゲート通りでは米軍の巡回がない。さらに、コザゲート通りから南に20キロ近く離れた那覇市にも、マスクをせずに平然と街中を歩く米兵たちの姿があった。監視の目が行き届いていない場所では、マスクを外し、羽目を外している。市中感染の原因となっている自覚はあるのだろうか。

マスクをしていない米兵(那覇市内)

PCR検査「陰性」で成人式に参加する若者たち

 翌8日の午前、嘉手納町役場を訪れると、ドライブスルー形式のPCR検査が行われていた。検査を受けているのは、今年新成人を迎える若者たち。嘉手納町では、9日に行われる成人式について、PCR検査の結果「陰性」を参加の条件にしているようだった。

 新成人を迎えるという嘉手納町在住の女性が語る。

「嘉手納町はPCR検査をやれば式に参加できるというのでよかったです。コロナの感染が怖いという気持ちもあるけど、振袖を予約したり、成人式に向けて結構お金をかけているので、開催してもらえて嬉しいです」

 この女性は、北谷町にある沖縄料理店でアルバイトをしているという。北谷も嘉手納基地に隣接する自治体で、米兵が集う飲食店街が多く存在している。

「北谷は人通りが多い街なんですけど、米軍の人は、お店に入ってくる時もマスクをしない人が結構多いんです。10月〜12月までは、近くにあるバーでマスクもつけずに騒いでいるところを見かけました。クラスターが発生してからは、さすがにマスクを着けていると思いますが……」

 嘉手納町では成人式が行われたが、感染拡大を受け、事前に中止を発表した自治体もあった。つい先月までは開催できると信じていた人生に一度のイベントを諦めなければいけなかった若者たちがいる。

「こちら側にはゲートがある。あちら側にはゲートはない」

 まん延防止等重点措置の適用を翌日に控えた8日夜——。那覇市最大の繁華街「国際通り」は閑散としていた。普段は煌びやかなネオンの光もまばらで、道ゆく人影はほとんど見当たらない。

 国際通りにある飲食店経営者が呆れて言う。

「4日くらいから客足が遠のき始めていますね。昨年末までは満席で入っていたけど、昨日と今日でストンと落ちちゃった感じ。

 米軍基地に対して、前々から持っていたフラストレーションが爆発しそうな感じですよ。クラスターが発生した基地から米兵が街に飲みに出てきたのが、感染爆発の原因ですよね。今回のまん延防止についても、やはりそうなるかという思いが強いです。結局、これで売上が減って困るのは私たちなんですから。

 こちら側から基地に入るにはゲートがある。あちら側から出てくる時にはゲートはない。この現実を強く感じざるを得ないです。もちろん基地があることによる恩恵はあるよ。基地があってこその雇用もある。僕は基地反対という訳ではないですけど、こういう事態に直面すると、若干不利な扱いを受けている気がしますね」

沖縄一の繁華街・国際通り
国際通りには観光客の姿はほとんどなかった

***

 市中の感染拡大が広がっていることを受け、林芳正外務大臣がブリンケン米国務長官に在日米軍関係者の外出制限などを要請したのは、1月6日のことだった。

(写真・吉田暁史)

source : 週刊文春 電子版オリジナル

文春リークス
閉じる