週刊文春 電子版

〈まん防発令へ〉コロナ最前線ルポ(前編) 埼玉の病院が誇る“最短3分”ドライブスルーPCR検査

「1日最大1000件」「予約なしでも1時間で終了」一体なぜそんなことが可能なのか?

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

ニュース 社会 医療

 新型コロナウイルスの感染状況が悪化している。

 とりわけ首都圏の感染者増加に歯止めがかからず、東京都の病床使用率は1月17日時点で21.1%。都がまん延防止等重点措置の適用の要請を検討するとしていた20%を超えた。 このような状況を踏まえ、東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏1都3県は17日、政府にまん延防止等重点措置の適用を共同で要請。政府は専門家に諮った上で、19日に適用を正式に決定する。

 一進一退が続くウイルスとの攻防。そんな中、コロナと日々対峙する現場では“新たな知恵”も生まれている。ワクチンの3回目“ブースター”接種も始まった。コロナと向き合う人々の最前線をレポートする。(前編)

「下の娘が昨日から発熱して。39度台まで熱が上がりました。上の子が看護師で、どうしても今日中に結果が必要でこちらに。上の子は今ホテルに避難していますが、心配ですね」(PCR検査を受けにきた大学生の母親)

1月17日朝9時過ぎのふじみの救急病院。検査開始とともに県内外の車が押し寄せた

 埼玉県三芳町にある「ふじみの救急病院」。当日中に結果が出るPCR検査を実施しているとして注目が集まっている。1月17日朝、同病院の発熱外来には、県内外から多くの検査希望者が集まっていた。

 ふじみの救急病院のPCR検査場は日に日に検査能力を向上させており、現在では1日最大で1000件もの検査が可能となった。地域の一病院がなぜそんなことが可能なのか。

 実は、同病院では、外部の人材を積極的に活用している。検査対応に当たっていた女性スタッフの1人は、近畿日本ツーリストからの出向社員だという。

プレハブ造りのPCR検査場。症状の度合いにより、待機室を分けて案内する

「2年間の契約でこちらに出向しています。添乗員としての経験がまさかこんな形で活きるとは思いませんでした。事前にクレジットカードの登録をお願いするなどして、予約なしの方も1時間程度で検査を受けられるよう工夫しています」(女性スタッフ)

 ふじみ野救急病院では、事前予約があればドライブスルー方式でPCR検査を受けることができ、最短3分程度で終了する。予約がない人もスタッフが待合室へ案内し、手際よく検査をこなしていく。

ふじみの救急病院では、事前に予約をすればドライブスルー方式で検査を受けられる
早ければ3分ほどで終了する

 同病院の鹿野晃院長が語る。

「休み明けの1月4日ぐらいからでしょうか、明らかに検査希望者が増えだしました。1月16日は800人弱の検体を採取し、147件が陽性に。陽性率はすでに第5波のピーク時に迫る数字です」

 急速に感染が広がるオミクロン株。鹿野院長は、このペースで拡大が続けば、近いうちにデルタ株を上回る感染者数が出るだろうと推測する。

「感染力が強く、週末に当院のスタッフでも2人陽性が出ました。コロナ病床をかなり増やしているので、ベッド数にはまだ余裕がありますが、医療従事者の中で感染が広がると、医療が逼迫する可能性があります」(同前)

予約なしでPCR検査を希望する人の待機列。多くの人が、発熱症状を訴えていた。小さな子供の姿も

 すでに都内では、救急隊の選定開始から30分以上経過しても搬送先が決定しないなどの「搬送困難事例」が元日に比べ約4.8倍に増加(13日時点)。コロナ病床を確保したしわ寄せが、一般病床に及んでいる状況だ。

 しかし、鹿野院長は「一定の希望も見えている」と話す。

「埼玉県内では100人に1人ぐらいの確率で重症患者が出ていますので、全く重症化しないというわけではありませんが、今のところ重症化率は低い。また、重症化したとしても早めに回復する傾向が見られます」

 さらに、今では重症化や死亡のリスクが3割ほど減らせると言われる飲み薬「モルヌピラビル」や、抗体を点滴で注入する「ソトロビマブ」など、第5波のピーク時にはなかった“武器”を使用できることも大きい。8~9割重症化リスクを減らせるというファイザー社の治療薬も、2月の実用化を目指し、厚生労働省の審査を受けている。

「今日『モルヌピラビル』が当院にも3人分届きましたが、まだまだ潤沢に使える状況ではありません。また、オミクロン株は症状を見ても風邪の10倍は危険。変異株出現の可能性がある限り、決して油断はできませんが、少しずつウィズコロナとして、経済活動を続けていける希望も見えて来ています。

 海外の事例を見る限り、1~2か月踏ん張れば減少傾向に転じると予測できます。皆さんに節度を持った感染対策を行っていただければ、行動制限をせずに済む可能性も見えてきたかなと思います」(同前)

★後編に続く

(写真・吉田暁史)

source : 週刊文春 電子版オリジナル

文春リークス
閉じる