週刊文春 電子版

“ワクワク玉木”再合流で蠢く「4人の女」と「2人の男」

THIS WEEK「政治」

「週刊文春」編集部
ニュース 政治

 国民民主党と、小池百合子東京都知事が特別顧問の地域政党・都民ファーストの会が合流検討と報じられたのは1月13日。同日の両党の勉強会後、国民の玉木雄一郎代表(52)は「様々な連携のあり方を協議している段階だ」と述べるにとどめたが「合流に向けて確実に進んでいる」(野党番記者)。

昨秋の衆院選では国民は8議席から11議席に微増

 玉木氏は前日の12日、連合の芳野友子会長と面会し、夏の参院選の東京選挙区で統一候補を擁立する考えを伝達。合流構想も話題になったと見られる。そもそも玉木氏は希望の党で共同代表をかつて務めており、合流が実現すれば2017年衆院選の際に結党された希望の党の縮小再生産となる。小池氏に「排除」された枝野幸男氏らが結党した立憲民主党と国民の連携はさらに遠のく。

 日頃から立憲と国民の連携の必要性を強調してきた芳野氏だけに、さぞ落胆していると思いきや、「芳野氏ら女性3人組は喜んでいるはずだ」(前出・記者)。3人組とは連合東京の斉藤千秋事務局長、国民の矢田稚子参院議員のことだ。芳野氏は連合初の女性会長だが、斉藤氏も連合東京で初の女性事務局長。3人の共通点は、いずれも民間労組出身で共産嫌い。「3人は50代中盤の同世代で、集まれば話が尽きない大の仲良し」(連合関係者)。連合東京は、元々都議選で都民ファから組織内候補を出したほど関係が深い。今夏に改選を迎える矢田氏は支持率が低迷する今の国民では当選が覚束ない。小池知事にとっても合流新党で国政復帰への橋頭堡ができる。合流は「4人の女」の利害が一致する。

 しかし、「2人の男」から横やりが入る。国民の前原誠司・選挙対策委員長は産経新聞のインタビューで「一番大事にすべきなのは日本維新の会との協力関係。優先順位は間違えない方がいい」。維新の松井一郎代表は「政策の一致のない野合談合には与しない。選挙のたびに引っ付いたり離れたり、目の前の足し算ばかりなのはおかしいと思われる」と一蹴した。

「4人の女」と「2人の男」に挟まれた玉木氏は苦境に思い悩む様子もない。20日に登壇する衆院本会議での岸田文雄首相への質問をツイッターで募集。「#国民民主党にワクワク」のハッシュタグをつけてと投稿したところ、15日には「#国民民主党にワクワク」がトレンド入りしたことに「びっくり」と喜びのツイート。だが投稿内容を見ると「ワクワクしません」「#国民民主フラフラの間違いでは?」と揶揄する声も多い。希望の党の二番煎じでは誰もワクワクせず、フラフラしているとみられるだけではないのか。

source : 週刊文春 2022年1月27日号

文春リークス
閉じる