週刊文春 電子版

オミクロン、海外はこうなっている

濃厚接触ワクチンで隔離なし(英・米・仏) 感染者隔離は5日(仏)

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治 国際 医療

 2月上旬には都民の10人に1人が濃厚接触者になるという試算もある。これまでのように隔離を続ければ我々の社会生活は止まってしまう。一足早く感染爆発に直面した国々ではどう対応し、乗り越えようとしているのか?

 1月22日に東京都でコロナ新規感染者が初の1万人を超え、全国では5万人に到達した。

 田村憲久前厚労相は23日、テレビでこの先の新規感染者は「1日10万人で収まればいいほう」と発言。また、2月8日には都で143万人、つまり都民の10人に1人が濃厚接触者になるという政策研究大学院大学・土谷隆教授の試算もある。

 現在、日本では濃厚接触者は「10日間、不要不急の外出を自粛し健康観察」を求められる。だが10人に1人がそうなってしまっては、我々の社会生活は成り立たない。

 ではどうすればいいのか? 一足先にオミクロン株の感染爆発を迎えた世界はどうなっているのか。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年2月3日号

文春リークス
閉じる