週刊文春 電子版

「串カツ田中」社長のセレブ誕生日パーティー写真 従業員に“会食自粛要請”、店舗は時短・臨時休業の最中に…

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

ニュース 社会 経済 芸能 グルメ

 

和やかなムードでカウンター前に並ぶ(参加者のSNSより)

 複数の男性が楽しそうに笑顔を見せるこちらの集合写真。派手なハットを被り、ひときわ破顔した中央の男性が抱えるファッションブランドの紙袋はプレゼントだろうか。目を引く大きなバースデーケーキと、テーブルには複数のワイングラス。楽しげな様子が写真越しでも伝わってくる。

 ある飲食店関係者が嘆息する。

「最初にこの写真を見た時は本当にビックリしました。まん延防止等重点措置が再び発令され、飲食業界が苦境に陥っている中、トップが呑気に“お誕生日会”を開いていたなんて……」

 中央の男性は、居酒屋チェーン「串カツ田中」を運営する「串カツ田中ホールディングス」の代表取締役社長・貫啓二(ぬき けいじ)氏。東京都の新型コロナウイルス新規感染者が1万4086人を数えた1月26日、51歳の誕生日を翌日に控えた貫氏は、仲間たちから自身の誕生日を手厚く祝福されていたのだ。

 気が置けない友人たちとの誕生日会——。平時であれば、誰に咎められることもない、微笑ましい一コマだろう。だが、貫氏の誕生日会が開かれた1月26日は飲食業界にとって“有事”の真っ只中であり、貫氏は自身が経営する「串カツ田中」を“緊急体制”にシフトさせた最中だったということである。

誕生日会を楽しむ貫氏(参加者のSNSより)

2021年8月期には約13億円の「時短協力金」収入が

 新型コロナウイルス・オミクロン株の感染拡大を受け、政府は1月19日、東京や神奈川など首都圏を含む13都県に1月21日から2月13日までまん延防止等重点措置の適用を決定した。その後、対象地域が追加され、1月31日現在、34都道府県に「まん防」が適用されている。

 まん防の発令に伴い、各自治体は飲食店に営業時間短縮を要請。協力した飲食事業者には「協力金」が支払われる。例えば東京都では、認証店については、〈①5時から21時まで営業時間を短縮し、かつ酒類提供・持込を11時から20時までとすること〉〈②5時から20時まで営業時間を短縮し、かつ酒類提供・持込を終日行わないこと〉のいずれか一方に応じることなどを要請し、それを24日間行った場合には60万円〜480万円、21日間行った場合には52.2万円〜420万円の協力金を支給すると発表している(※一例。要請内容や支給額などは条件によって異なる)。

 串カツ田中は、1月19日のまん防発令を受けて1月21日から2月13日まで対象都県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・群馬県・愛知県・岐阜県)にある直営123店舗のうち120店舗を時短営業、3店舗を完全臨時休業とすることを決定。1月27日には、まん防に追加された府県(栃木県・京都府・大阪府・兵庫県・福岡県)にある28店舗を時短営業、2店舗を平日のみ臨時休業と範囲を拡大している。

 これまでも串カツ田中は、行政の要請に応じてきた。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 電子版オリジナル

文春リークス
閉じる