週刊文春 電子版

結末を真逆に、削除は当たり前 中国にカネで転ぶハリウッド

THIS WEEK「国際」

近藤 奈香
ニュース 国際 映画

 映画『ファイト・クラブ』(1999年)が、公開から23年後のいま、物議を醸している。テンセントビデオで配信された中国語版のラストシーンが、大幅に改変されていたのだ。

 本来は主人公タイラーが金融機関のビルを爆破する計画が実行され、エンディングを迎える。だが中国語版ではこのシーンがカット。代わりに黒い画面上に「警察は彼の計画の全貌を把握し、すべての犯罪者を逮捕。爆弾の爆発も防ぐことに成功した」との字幕が浮かび上がる。つまり警察当局が主人公を捕まえ、事件を未然に防いだというストーリーになっているのだ。

『ファイト・クラブ』にはブラピが出演

 これにはテンセントビデオのコメント欄も「傑作への侮辱だ!」などと、批判的な書き込みで溢れた。

「米『Vice』誌によると著作権者が改変し、それを中国政府が許可したというが、当初から政府の影が著作権者の念頭にあったのは間違いない」(米紙記者)

 実はハリウッド映画が中国で公開される際に、当局の検閲によりシーンが削除されたり、台詞が変更になるのは珍しくない。その背景には中国市場の大きさがある。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年2月10日号

文春リークス
閉じる