週刊文春 電子版

「犬」「邪悪」と批判を浴び…沈黙で王妃を掴んだカミラ夫人

THIS WEEK「国際」

近藤 奈香
ニュース 国際

 即位70周年を迎えたエリザベス女王が発表したメッセージが、英国内で波紋を広げている。チャールズ皇太子が即位した際には、カミラ夫人(74)が「王妃」になると言及したのだ。

長年連れ添った夫妻

「カミラは長年、王室や国民の間で“嫌われ者”であったため、この女王の決断が驚きをもって受け止められたのです」(英紙記者)

 チャールズとカミラの出会いは1971年に遡る。知人の紹介で出会い、皇太子が一目ぼれ。カミラが婚約目前だったこともあり、王室内で「相応しくない」と反対されたものの、恋愛関係は続いた。カミラは2児を出産し、チャールズも81年にダイアナと結婚。その後も二人の“W不倫”は止まらなかった。

「次第にダイアナとチャールズはすれ違いが増えていく。92年の書籍『ダイアナ妃の真実』で、カミラはダイアナを苦しめた女性として描かれ、英国で最も嫌われる女性となった。翌年にはチャールズとカミラの電話の音声も流出し、ダイアナはカミラを『ロットワイラー犬』とまで言ったという。結局、チャールズは96年に離婚し、カミラもその前年に夫と別れた」(同前)

 チャールズの祖母・エリザベス皇太后はカミラを嫌悪し、エリザベス女王に至っては、「邪悪な女性」「いかなる形でも関わりたくない」と言い放ったという。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年2月24日号

文春リークス
閉じる