維新最高幹部「秋田犬利権」を告発する 公益社団法人法違反の疑い

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治

 2018年5月、ロシアの首都モスクワ。平昌五輪フィギュア女子金メダリストのザギトワ選手に秋田犬「マサル」を贈呈したのは、公益社団法人「秋田犬保存会」代表理事(会長)を務める遠藤敬衆院議員(53)だ。今、その秋田犬を巡り――。

安倍首相(当時)とともに、ザギトワにマサルを贈呈

 日本維新の会の遠藤氏は、飲食店経営などを経て12年の衆院選に大阪18区から出馬し、初当選。15年から4期目の現在に至るまで国会対策委員長の要職にある。

「菅義偉前首相らとも親交が深い。音喜多駿氏が政調会長を務めるなど若い維新執行部にあって、経験豊富な遠藤氏は“最高幹部”と言えます」(政治部記者)

 そんな遠藤氏のもう一つの顔。天然記念物である秋田犬との深い関わりだ。小学5年生で秋田犬を飼い始め、中学時代から保存会の「展覧会(コンテスト)」に参加するほどだった。

 ベテラン会員が明かす。

「次第にブリーダー(繁殖者)として頭角を現してきました。今や遠藤君の屋号『泉州高師浜荘』出身の犬は名犬との評判。展覧会で犬を引くハンドラーとしても知られ、私も、彼が30代の頃、1回30万円で犬を引いてもらっていました」

 当選2期目の16年に会長に就任。ザギトワのみならず、元横綱・白鵬らに秋田犬を贈呈してきたが、

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2022年2月24日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる