週刊文春 電子版

不味い食事、雑魚寝、“監視” 記者が見た「本当の北京五輪」

THIS WEEK「国際」

「週刊文春」編集部
ニュース 国際 メディア スポーツ

 20日に閉幕した北京五輪。IOCのバッハ会長は「素晴らしい運営」と絶賛したが、中国の運営する“鉄壁バブル”内ではメディアから不満が噴出していた。

バブルの内と外の境界線

 今回は東京五輪より厳格な、クローズド・ループというバブル方式を採用。全会場が壁に囲まれ、バブル外を移動するバスの窓すら開けられないほど。外に出られない代わりに、「さぞ良いサポートを受けられるはず」と、期待を膨らませた関係者も多かったが――。

「最も不満が多かったのは食事。選手村は好評だったが、メディアは会場かホテルの食堂しか選択肢がない。中国の通常価格の3倍以上と高額なのに味は微妙。中国記者も『高いし不味い』と嘆いていた」(全国紙記者)

 ホテルは例えば、ルー少なめのカレーが140元(約2500円)、薄いツナサンド88元(約1600円)。さらに10〜20%のサービス料もかかる。メインメディアセンターの食堂は炒飯40元(約720円)、牛肉麺55元(約1000円)と良心的だが、「味が薄い」「カップ麺の方がマシ」との声も。自動で調理・配膳を行うロボットも、注目されたのは最初だけだった。

 移動に苦労した記者も多い。北京・延慶・張家口の3会場を結ぶ、最高時速350キロの高速鉄道は終電が午後8〜10時と早く、夜遅い競技の取材後は“帰宅難民”が続出した。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月3日号

文春リークス
閉じる