週刊文春 電子版

大阪「コロナ死者急増」に吉村知事の言い訳《致死率は東京の3倍》

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 医療

「連日、全国最多の死亡者数と報じられるので、吉村知事は次第にいら立ちを見せるようになりました」(大阪府担当記者)

 コロナによる死亡者数が全国最多の大阪府。2月19日までの累計死者数は3579人で、人口が1.5倍の東京の3431人を上回っている。

 とりわけ昨年12月17日以降の第6波での傾向は顕著だ。新規感染者数は大阪が約37万人、東京が約51万人だが、死亡者数は大阪が515人、東京は259人と大きく逆転しているのだ。

 なぜこうまで大阪に死者が多いのか。

 太融寺町谷口医院(大阪市)の谷口恭院長が、臨床現場における実感を語る。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月3日号

文春リークス
閉じる