週刊文春 電子版

無料公開中

《親ロシア地域独立承認》「心が綺麗なウクライナ人は邪悪な人間に負けない」“甲冑姿”の大使が語る「ロシアと戦争と平和」

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

ニュース 国際

甲冑に身を包んだ恰幅の良い出で立ちは、さながら戦国武将。突如、Twitter上に現れたこのサムライは一体――。

 

投稿が話題を呼んでいるのは、セルギー・コルスンスキー駐日ウクライナ大使(59)。ロシアとウクライナの間の緊張が高まる2月15日、武士のコスチュームを着用した自身の写真をTwitterにアップしたのだ。ロシア軍がウクライナ国境付近に駐留し緊張が高まる中、ロシアのプーチン大統領は21日に行った演説で、ウクライナ東部の親ロシア派の独立を承認することを明言した。さらにプーチン大統領はロシア軍に「平和維持活動」を指示。ウクライナへの軍事侵攻を国際社会が懸念している。

 

そんなタイミングでのウクライナ大使による発信。どのような意図があるのか。「週刊文春」の記者はウクライナ大使館にコルスンスキー大使を訪ねた。Twitterの甲冑写真の意味、ロシアに対する思い、日本との関係など、1時間にわたり話を聞いた。

――2月15日に大使がTwitterに投稿した甲冑姿の写真が話題です。

 昔からの友人である「サムライアーティスト」の島口哲朗さんから来日した際にお借りして撮影しました。私はウクライナにいる時、映画「ラストサムライ」などサムライが登場する作品を観たことがあり、武士や浪人に憧れを抱いていました。2020年に大使として日本に来ることになり、島口さんに「サムライの雰囲気を感じたい」とお願いし、コスチュームを用意してもらいました。

 着るのは大変で、時間がかかりました。想像以上に重くて体を動かすのが難しかったですね。いい経験になりました。

ツイッターに投稿された甲冑姿のコルスンスキー大使(写真提供/在日ウクライナ大使館)

――このタイミングで甲冑写真をTwitterに投稿した狙いは?

 今まさにロシア軍がウクライナへ侵攻しようとしており、緊張が高まっています。投稿した写真をよく見てください。甲冑姿の私の後ろにかかっている写真に写っているのは、娘と孫です。右上にあるのはウクライナの国章。つまり、「我々はサムライのように大切な家族と国を守る」というメッセージを伝えたかったのです。私の覚悟が日本の方々に最も分かりやすく伝わるのがこの写真だと思い、投稿したのです。

 刀を持っているけれども、人に対して刃を向けないこと。大切なポイントはここです。ウクライナ人は平和を愛する民族。あくまでも「守る」ために戦うということを忘れてはいけません。私はこの写真を「We know what we are fighting for. How about Russia?(我々は何のために戦うか知っています。ロシアはどうですか?)」という言葉とともに投稿しました。ロシアから国と家族を守らなければいけません。

――反響はいかがでしたか。

 1万1000件のいいねと3000件近いリツイートが付きました。12か国に拡散され、ミリタリー雑誌にも掲載されました(笑)。コメントもたくさんいただきました。

「あなたの姿から武士道を感じた」という日本の方からのコメントが嬉しかったですね。一方、ロシア人からはTwitterで「刀ではロシアの戦車と戦えるわけがない」というコメントが届きました。でも、大丈夫です。「ジャベリン」というアメリカ製の対戦車ミサイルがあるから問題ありません。それに我々には「ブラヴァ」もありますから。ブラヴァとは、ウクライナの伝統的な打撃武器。今では権力のシンボルになっていますが、ウクライナ最古の武器でもある。18世紀頃のコサック兵たちはこれで相手を殴ったり投げつけたりして戦っていたようです。

ウクライナ時代からの友人である島口さんと刀を構える(写真提供/在日ウクライナ大使館)
権力の象徴である「ブラヴァ」を片手にお出迎え

大の“親日家”だと語る、コルスンスキー大使。いつから日本との接点を持ち始めたのだろうか。

――外交官として日本に来た経緯を教えてください。

 元々はウクライナ政府で仕事をしていたのです。専門は数学。理学博士号も持っています。政府では科学分野を担当していて、ユネスコとやり取りをしていました。その後、エネルギーや貿易について勉強し、外交官になりました。外交官人生はもう27年にもなります。専門と言えるのは、経済分野。これまでイスラエル、アメリカ、トルコに赴任しました。

 私はとても幸せです。なぜなら、これまで赴任した国はすべて文化圏が異なるから。多様な文化を体験することができて、人生が豊かになりました。以前から、一度はアジアの国に赴任してみたいと思っていたんです。実は、直前まで中国に赴任する予定でした。それが急遽、日本に来ることに。今では、中国には行きたくないくらい日本が気に入っています(笑)。

――駐日大使に赴任したのは2020年ですね。日本に来たのは初めてですか。

 かつて一度だけ福島を訪れたことがあります。2016年、チェルノブイリと福島原発に関するプロジェクトで来たのです。ウクライナ人はチェルノブイリ事故を経験していて、原発事故に関するノウハウを持っています。それを福島の復興のために還元しようという取り組みに参加したのです。

東京・西麻布にある在日ウクライナ大使館の建物
マスクにはウクライナの国旗がデザインされている

――日本という国の印象は?

 本当にいい国です。日本の文化に興味を持つウクライナ人は実はかなり多い。もちろん私もその一人です。今はコロナで簡単に日本に来ることができる環境ではありませんので、周りからは羨ましがられています。私は書道に興味があり、時々先生に習って書いています。一番好きな日本の食べ物は寿司です。鰻が一番美味しいですね。私が目にした国際的な研究によると、寿司の消費量第1位は日本で、第2位はウクライナだそうです(笑)。ウクライナ人も寿司は大好物なんですよ。日本料理は何でも好きです。刺身だったらマグロ。味噌汁は毎日飲んでいます。

――逆にウクライナの食べ物で日本人に勧めるとしたら何ですか。

 やっぱり、ボルシチですね。ウクライナを代表する料理ですから。それと、ヴァレーニキ。餃子のような食べ物で、肉、サクランボ、キャベツなど色々な食材が入っています。それから、サーロという豚の脂身の塩漬け。食べると力が湧いてくるのでオススメです。生で食べることが多い料理なのですが、車でいうところのガソリンのような存在。食べるとすぐにエネルギーに変換されて一日元気でいられますよ。

娘と孫の写真を指し、「ウクライナは国と家族を守るために戦う」と語ったコルスンスキー大使。国境付近で軍備を増強させ続けるロシアに対し、何を思うのか。

――ロシアは何のために戦うのだと思いますか。

 私の考えでは、ロシアは“一人”の意志によって戦うのだと思います。誰だかお分かりですよね? ええ、ウラジーミル・プーチン大統領です。彼が何を考えているのかは、誰にもわかりません。正常なメンタリティの人間には理解ができないのです。ただ、一つ言えることがある。心が綺麗なウクライナ人が彼のような邪悪な人間に負けるわけがないということです。恐れなど全くありません。

 彼の言動は理解しがたいです。子供は母親の言っていることを理解できますが、母親は子供が言っていることを理解できない――これはどういうことか。ロシアのルーツは9世紀に成立したキエフ公国にあります。元をたどり、国家の形成過程を振り返ると、実はウクライナはロシアの生みの親に当たるわけです。ちなみに、写真に写っていたウクライナの国章はキエフ公国の紋章でもあります。

――ロシアという国家をどう思っていますか。

 私はウクライナの首都・キエフ出身ですが、母親はロシア人です。私の知っているロシア人はみんないい人です。大切なのは、ロシア人とプーチンをサポートしている人間は全く別だと考えることです。プーチンと彼の周囲の人間は、ロシアの抱える大きな問題です。

――ウクライナのために日本は何ができますか。

 日本の国会議員が、ウクライナの平和実現に向けた政府の取り組みを求める国会決議を採択するべきだと働きかけてくれました。2月15日には岸田文雄首相がウクライナのゼレンスキー大統領と会談し、「ウクライナの立場を支持する」と言ってくれました。1億ドルの借款による支援の約束もありました。日本からは多大な応援や協力をしていただき本当に感謝しています。ウクライナを心配するメッセージもたくさんいただいた。とても嬉しく思っています。

壁にはウクライナ人を父に持つ力士・大鵬の写真が
練習中だという漢字とカタカナを披露してくれた

取材後、日本人へのメッセージをお願いすると、色紙に「平和」の2文字を記したコルスンスキー大使。そこには、祖国を愛する“武士”の姿があった。

(撮影・志水隆)

source : 週刊文春 電子版オリジナル

文春リークス
閉じる