週刊文春 電子版

オミクロン“新変異”BA.2の“実力” 感染力アップ、肺に影響

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 医療

 オミクロン株がもたらした第6波はピークアウトしつつある日本。しかし、次なる感染再拡大の火種になりかねないのが「ステルスオミクロン株」こと「BA.2」だ。従来型のオミクロン株(BA.1)の亜種で、その感染力はBA.1を上回るとされる。

 その脅威は、どの程度のものなのか。

 

 2月25日の東京都のモニタリング会議で、BA.2の感染者数が報告された。その数、計30人。そのうち25人が市中感染とみられる。ゲノム解析に時間を要するため、実際にはもっと感染者が出ている可能性も指摘されている。

 市中感染は神奈川や大阪でも確認されており、BA.2は確実に我々の足下に忍び寄っているのだ。

 専門家がBA.2を警戒するのは、感染力が高いからだ。医療ジャーナリストの森田豊医師が語る。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月10日号

文春リークス
閉じる