週刊文春 電子版

プーチン「殺戮の履歴書」 得意技は「ウソ」「毒殺」「自作自演」

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 国際

 世界中が注視する中、ウクライナにためらうことなく侵攻したプーチン大統領。日本のリーダーと何度も会談し、柔道への愛を語る親日家の“皇帝”だが、その履歴書を紐解くと、多くのウソと謀略、殺戮の歴史に満ちていた。

 

▶低身長のコンプレックス、KGBでは“万年中佐”
▶政敵を売春婦盗撮動画で失脚させて大抜擢
▶爆破テロを自作自演で支持率2→50%の過去
▶前妻とDV離婚、2人目の“妻”は新体操の妖精
▶テロとコロナにおびえ…側近は4人だけで暴走

安倍元首相とは27回会談

「2年前と同じ人物ではなかった。頑なになり、孤立していた」

 2月7日、危機回避のためモスクワに飛んだフランスのマクロン大統領は、帰りの機中で同行記者団にこう漏らした。変わり果てたプーチン大統領を前に、二回り下の若きリーダーができることは最早なかった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月10日号

文春リークス
閉じる