週刊文春 電子版

ゼレンスキー“局部でピアノ芸人”「大統領への道」

総力特集 ウクライナで何が起きるのか

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 国際

「国民にアンケートを取ると90%以上が大統領を支持していると答えている。戦時下とはいえこの数字は驚異的です」(ウクライナを取材するジャーナリスト)

 暗殺部隊に何度狙われても逃げず、「私はここにいる」と国民に呼びかけたウォロディミル・ゼレンスキー大統領(44)。

 彼が生まれたのは東部のドニプロペトロウシク。旧ソビエト連邦で幼少期を過ごし、ロシア語圏で育つなど、ロシアとの関係は深い。

「父が教鞭をとっていたキエフ国立経済大学で法学の学位を取得した、ユダヤ系の秀才。妻は学校の同級生の脚本家です」(同前)

オレナ・ゼレンスカ夫人

 だが研究者にはならず、選んだのが“テレビタレント”の道だった。友人とコメディー劇団『第95街区』を設立し、1999年頃からロシアのバラエティ番組『KBH』に出演。ゼレンスキー氏と親交がある神戸学院大学の岡部芳彦教授が語る。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月17日号

文春リークス
閉じる