週刊文春 電子版

卵のイセ食品が破綻でピンチ「イセコレクション」の行方

THIS WEEK「経済」

森岡 英樹
ニュース 経済

 鶏卵最大手のイセ食品とグループ企業で飼料仕入れを行うイセが3月11日、債権者から東京地裁へ会社更生法を申し立てられ、同日地裁より保全管理命令を受けた。事実上の経営破綻で、負債総額は2社合計で約453億円に上る。

「イセ食品は1912年に富山県で創業した老舗企業。栄養強化卵『森のたまご』は全国のスーパーで消費者から高い支持を受けてきました」(銀行関係者)

 実父の家業を継ぎ、半世紀にわたり同社のトップに君臨してきたのが、伊勢彦信氏(92)だ。80年代に米国に進出し、鶏卵の販売で全米1位になった際は「エッグキング」と呼ばれた。

創業家の伊勢前会長兼社長(高橋前高岡市長のブログより)

「ただ、近年はワンマンぶりが目立ち、取引金融機関との間にも溝が生まれていました。スーパー玉出の買収(約45億円)などM&Aを進めた結果、借り入れが急増。コロナ禍に伴う飼料価格の高騰なども重なり、資金繰りは悪化する一方だった。経営責任を取らざるを得ず、伊勢氏も昨年6月で会長兼社長を退任しています」(同前)

 株式の配当などから、これまで巨額の資産を築いてきた伊勢氏。19年にはパナマ文書を端緒に、マンハッタンのビルの売却益を巡って、約7億円の申告漏れを指摘されたこともある。

「実は伊勢氏は、世界的な美術品コレクターでもあります」(同前)

 ピカソやセザンヌ、ルノワールといった名画をはじめ、中国古代の陶磁器、尾形光琳など内外の美術品を多数所有してきた。10億円単位の値が付く品もあるとされ、総額は100億円を下らないという。19年には、地元の富山事業所にコレクションを展示する美術館を開設。現在も、国内美術品オークション大手「シンワオークション」を運営するシンワワイズホールディングスの会長を務めている。

「伊勢氏は海外のオークションで高価な絵画を競り落とす日本人としても知られる存在です。風貌は田舎のオジサンなのですが、ニューヨークが大好きという洒落た一面も。ロックフェラー氏とも美術品収集を通じて親交がありました。週末はテレビも電話もない高岡市の自宅で、気に入った美術品の数々に囲まれて過ごすのが至福の時だといいます」(地銀元役員)

 だが、会社更生法の適用で「イセコレクション」と呼ばれる膨大な美術品はどうなるのか。管財人から保全措置を取られ、売却される可能性も否定できない。

 伊勢氏は富山新聞の取材にこう答えている。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月24日号

文春リークス
閉じる