週刊文春 電子版

参院選 自民タレント候補に女子アナ不倫疑惑を直撃

「週刊文春」編集部
ニュース 政治 芸能

 夏の参院選に向けた候補者選びが大詰めを迎えている。過去3連敗中の自民党長野県連が背水の陣で擁立方針を固めたのは、あるご当地タレントなのだが……。

「僕は前向きな気持ち。信州にお世話になったんで」

 3月9日の記者会見で、参院選出馬への意欲を明らかにした、タレントの松山三四六(さんしろう)氏(51)。全国的な知名度はないが、長野県内では超有名人だ。

歌手としても活動する三四六氏

 地元記者が解説する。

「東京出身で、小中学生の頃に柔道の大会で優勝し、将来を嘱望された。明大中野高から明大柔道部に進むもケガで挫折し、吉本興業から芸能界入り。本名は秦光秀で、芸名は柔道の姿三四郎と、彼が師と仰ぐ歌手の松山千春にちなみます」

 ものまねタレントやラジオDJとして活動する中、1998年に番組で共演した女優の網浜直子と結婚。01年から仕事の拠点を長野へ移すと、番組で熱く生き方を説く“説教キャラ”でブレイク。地元テレビ局やラジオ局の冠番組を多数持ち、ローカルタレントとして不動の地位を築いてきた。

今年1月28日、公式YouTubeで妻の網浜直子との結婚記念日を祝う

 だが、三四六氏には2年前から地元で囁かれ続けるある“疑惑”が――。

「ウチの局の女子アナ、Aさんとの不倫疑惑です」

 そう明かすのは地元放送局・信越放送の社員だ。

「二人は頻繁に一緒に飲み、Aアナは三四六さんの東京のライブにも顔を出すなど親密ぶりが際立っていた。不倫疑惑が広まり、複数の上司がAアナを問いただすと、逆に“パワハラだ”などと抗議。その後、メンタルの不調を理由に長期休暇に入った」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月24日号

文春リークス
閉じる