週刊文春 電子版

日経新聞の危機 依願退職53人、ハラスメント相談30件

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会

 日経社員A氏が語る。

「先週の文春記事が社内で波紋を広げています。『全員立たせて怒鳴りたい』などパワハラまがいの言動を詳報された井口哲也常務兼編集局長は会議でも急におとなしくなった。一方で、報道直後にも新たにキャップクラスの社員が会社に辞意を伝えるなど、人材流出が止まりません」

 日経新聞で、一体何が起きているのか――。

 3月29日に開催予定の株主総会の準備に追われる日経社内。その内部資料によれば「日経の危機」は相当深刻だ。例えば、昨年1年間の依願退職者数は53人。2016年の30人と比べても倍増近い。さらに驚くべきは内訳で、20代が24人、30代が18人。つまり依願退職者の実に8割が20〜30代の若手社員なのだ。

 日経社員B氏が憤る。

「若手社員が次々に退社している原因は、職場環境の悪化にあります」

 先週号では、前述の井口氏が、ウクライナ侵攻を巡る戦争報道は「Nikkeiの名前を世界に知らしめる千載一遇のチャンス」とのメッセージを社員に送っていたと報じた。

長谷部社長(日経HPより)

「文春の発売前後に長谷部剛社長に井口氏は呼び出しを受けたそう。井口氏は日頃から海外のニュースサイトにも細かく目を通す勉強家である一方、高圧的な言動やマイクロマネジメントの度が過ぎる。自身が産業畑で商社や自動車を担当した記者だったので、(自動車などに使用される)ロシア産パラジウムはどうなっている? サプライチェーンは? など異様に細かく、分野も偏った指示が多い。自分の考えが正しいと押し付けるトップダウンの紙面作りばかりで、ボトムアップで上がってきた企画は、井口氏の興味に合わないと潰されます」(同前)

井口氏(日経HPより)

 日経社員C氏が嘆く。

「井口氏は、相手が年次を重ねたグループ長やデスククラスであっても『ちゃんと仕事してよ』と頭ごなしに叱りつける。編集局長4年目に入るその専横ぶりを“プーチン”になぞらえる声もあります。下からそれを見ているキャップクラスは、デスクになんかなりたくないと絶望してしまう」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月31日号

文春リークス
閉じる