週刊文春 電子版

プーチン「核破滅」Xデーは4月末

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 政治 国際

 電撃的なキエフ制圧は失敗に終わり、苦戦が伝えられるロシア軍。世界から孤立し、追い詰められていくプーチンが「最後の手段」に出る可能性も取り沙汰されてきた。冷酷非道の独裁者が「核」のボタンを押すのは――。

 

▶︎生物兵器疑惑をデッチ上げて記念日目前に…

▶︎核戦争でもプーチンは避難できる 終末の大統領機

▶︎プーチン死亡時は核報復する「死の手」とは

▶︎浮腫んだ顔、足をバタバタ…安倍も驚いた健康不安

▶︎北方領土のロシア兵がキエフで迎撃されていた

「ビーッ、ビーッ、ビーッ、ビーッ、ビーッ、ビーッ」

 その“ボタン”を押すと、室内にはけたたましい警報音が鳴り響く。20回以上に及ぶ警報音が鳴り止むと、すぐさま壁面のボードに設置された10のランプが点灯。核弾頭が搭載されたミサイルが10発、発射されたことが確認される。この間、攻撃先の“破滅”に要した時間はわずかに30秒だった。

 ここは、ウクライナの首都・キエフから南に300キロの距離にある「戦略ロケット軍博物館」。旧ソ連が冷戦時代に設置した核ミサイルの「発射指令室」がほぼ現存し、実際に体験もできる世界唯一の施設だ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月31日号

文春リークス
閉じる