週刊文春 電子版

北朝鮮もどこに飛ぶか知らない “怪物”火星17が本当に怖いワケ

THIS WEEK「国際」

牧野 愛博
ニュース 国際

 北朝鮮が3月24日、新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」を発射した。ミサイルは通常より高角度で発射するロフテッド軌道を取り、北海道・渡島半島の西方約150キロの日本海、我が国の排他的経済水域に落下した。通常角度で発射すれば、射程が米国東海岸に届く1万5000キロに達するという。

 サングラスに革ジャンという米ハリウッド映画『トップガン』のような格好で視察した金正恩朝鮮労働党総書記が、「新しい戦略兵器の出現」と喜んだ火星17の全長は、推計23メートル。「怪物」と報じたメディアも多数ある。ただ、防衛省関係者は「旧ソ連製ミサイルを改良し、大型化したようだ。米国のミニットマンや中国の東風31のような、洗練されたミサイルとは言いがたい」と語る。

発射を見てはしゃぐ金正恩

 北朝鮮の軍事開発部門で働いていた脱北者によれば、北朝鮮は1991年のソ連崩壊直後、ロシアやウクライナなどのミサイル技術者約50人を「米国に行く場合の2倍の給与」を保証してスカウトしたという。火星17も、ウクライナの国営企業が1960年代に開発したエンジンを、4基搭載しているとみられる。

 問題は北朝鮮が、火星17がどこに飛んでいくのか、大気圏に再突入できるのか、科学的な確証を持っているわけではないことだ。北朝鮮には、米軍のように弾道ミサイルを追跡できる航空機や艦艇がない。大気圏再突入の際に発生する、数千度の熱やプラズマ放電を再現できる実験設備もない。「ソ連のICBMを作った科学者の作品だから大丈夫」と考えているわけで、危ないことこの上ない。

 防衛省は2016年以降、北朝鮮のミサイル発射に備え、自衛隊法に基づく破壊措置命令を常時発令した状態にしている。先の関係者は「日本が狙われる場合だけでなく、誤って本体や部品が落ちてくる場合も想定している」と語る。実際、北朝鮮が3月16日に発射した弾道ミサイルとみられる飛翔体は、高度20キロに達せずに爆発している。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月7日号

文春リークス
閉じる