週刊文春 電子版

日経新聞「パワハラ」今度はグループ長が出勤停止2カ月

「週刊文春」編集部
ビジネス 企業

「コンプライアンスの遵守やハラスメント防止が叫ばれ、社内研修も定期的に行われているのですが、『またか』と思いましたね」(日経社員A氏)

 先週号で報じた通り、エース級の若手社員の相次ぐ依願退職(昨年1年で53人)やハラスメント相談の多さ(同30件)で悩み深き日経新聞。そんな最中の3月23日、新たな不祥事が判明した。

X氏の辞令

 その日、発令された辞令には編集に携わる某センターのグループ長・X氏についてこう記されていた。

〈就業規則第77条1項5号および7号により、出勤停止2カ月とする〉

 極めて重い、異例の処分。就業規則は下写真の通りだが端的に言えば5号がセクハラ、7号がパワハラである。何があったのか。

日経の就業規則

「X氏は今年に入り、まん延防止等重点措置の最中にもかかわらず、深夜までルール破りのはしご酒に後輩を無理やりつきあわせ、さらには、そうした席でパワハラやセクハラに該当する言動を行っていたのです」(日経社員B氏)

 こうしたX氏の行為を知って、ある幹部は「史上類を見ない、最低の事例だ」と吐き捨てたという。

 X氏とはどんな人物か。日経社員C氏が語る。

「X氏は現在50代半ば。普段は勤務態度に特段問題のある人ではないのですが、突然キレたように一方的に持論を展開することもあり、どこがスイッチなのかよくわからなかった」

 今回の処分に伴って、すでに発表されていた4月からの某支局長への就任は取り消されたという。日経社員D氏が嘆く。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月7日号

文春リークス
閉じる