週刊文春 電子版

テニス王者ボリス・ベッカーはこうして脱税の常習犯になった

THIS WEEK「国際」

近藤 奈香
ニュース 国際 スポーツ

「破産したことで、とても恥ずかしかった」

 ロンドンのサザーク刑事法院で、こう思いを吐露したボリス・ベッカー(54)。かつて“ブンブン・サーブ”で人気を博した名テニスプレイヤーがいま、窮地に立たされている。

 西ドイツ出身のベッカーは、史上最年少の17歳でウィンブルドン選手権に初優勝。翌年も連覇するなど、4大大会通算6勝を挙げた。1999年に31歳で現役を引退。優勝賞金やスポンサー契約で1.3億ドル(約160億円)も稼いだとされる。引退後もコメンテーター、ノバク・ジョコビッチのコーチとしても活躍。2012年にイギリスに移住していた。

 だが17年、推定5000万ポンド(約80億円)もの負債を抱え、英法廷から破産宣告を受ける。

「数多くのビジネスに乗り出しており、インターネットのポータルサイトの運営、オーガニック食品、ドバイの19階建てのタワー計画などで失敗。最初の妻との離婚の際に2500万ドル(約30億円)という多額の慰謝料、子供の養育費などを支払うことに。その後もモナコやスイスで贅沢三昧の生活を続けた。最終的にマジョルカ島のビラのローン返済のための、英国のプライベートバンクからの借金が引き金となって破産した」(英紙記者)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月14日号

文春リークス
閉じる