週刊文春 電子版

ワクチン会場に侵入して逮捕「神真都Q」リーダーは元俳優

THIS WEEK「社会」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

 新型コロナウイルスは感染者だけでなく、陰謀論者も急増させているようだ。

 ワクチンに反対して接種会場に無断で侵入したとして、警視庁公安部は思想団体「神真都(やまと)Q」のメンバーとみられる4人を4月7日、建造物侵入容疑で逮捕。9日には、東京都内にある本部などを家宅捜索した。

警視庁が事務所を家宅捜索(FNNプライムオンラインより)

 警視庁担当記者が言う。

「『コロナは存在しない』『マスクは害』などとする反ワクチン・反マスク論を軸に“信者”を集め、各地で接種に反対するデモ活動をノーマスクで行っていました。3月15日には東京ドームの接種会場で『中身も判らないのに何を打とうとしているんだ!』と叫ぶなどして、警察官とやり合っていた。当局も警戒を強めており、とうとう逮捕者が出たという経緯です」

 結成は昨年末とされ、東京ドームで揉み合った3月15日には一般社団法人として登記された。法人登記簿の目的欄には「子どもの健全育成」や「社会貢献活動」などと書かれているが、一体、どんな面々が集まっているのか。

「リーダー格は、東京ドームで白いパナマ帽姿で声を張り上げていた元俳優です。ヤクザ映画などで活躍した俳優の息子で、以前、映画プロデューサーを刺したとして殺人未遂容疑で逮捕されたこともある。周辺には右翼団体の関係者なども出入りしています」(同前)

 神真都Qは「Q」の文字が入っているように、昨年1月に米国議会を占拠した陰謀論集団「Qアノン」の亜流団体。HPでは〈善なる光のQ活動を健全に行うものと宣言します〉と掲げ、トランプ前大統領が「悪の権化イルミナティ、サタニスト」から世界を守ってきたなどと主張している。

 宗教ウォッチャーの解説。

「光の勢力が闇の勢力に支配された世界を覆す、という主張は現代カルトの典型の一つである二元論。地下鉄サリン事件を起こしたオウム真理教と同じです」

 一方で、法律の観点から神真都Qを側面支援している人物もいる。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月21日号

文春リークス
閉じる