週刊文春 電子版

マッチングアプリにハマるロシア兵を連続直撃

「週刊文春」編集部
ニュース 国際

 雪原で銃を構える24歳。上半身裸で「自撮り」をし、肉体美を見せつける33歳。軍服姿でギターを構える29歳。ロシア兵たちが色気たっぷりの写真を載せているのが、マッチングアプリ「Tinder(ティンダー)」だ。

世界190カ国で使用可能

 ティンダーは位置情報を用いて、マッチングした男女がチャットできる“出会い系アプリ”。「550億以上のマッチを生み出した」が謳い文句だ。

 このティンダーに今、ロシア兵が殺到している。

 英紙『デイリーメール』は3月、英国の諜報機関がSNSを通じ、ロシア兵から情報収集をしていたと報じた。特に出会い系アプリは無防備で、作戦の詳細も事前に漏れていたという。SNSに詳しい桜美林大学・平和博教授が言う。

「プライベートな通信なので、気を許してしまうのでしょう。ロシアはフェイスブックやインスタグラムなどの使用を厳しく制限していますが、『デジタル鉄のカーテン』が出会い系アプリには下りていないようです」

 長引く戦争、不十分な兵站――ロシア兵の士気の低下は著しいが、戦場でマッチングアプリを使うほどなのか。小誌男性記者もティンダーで話を聞いてみることにした。

 プロフィールに女性と記入し、自分の位置情報をウクライナ第2の都市ハルキウに設定。するとハルキウ周辺の男性のプロフィール写真が次々と表示される。スマホの画面を右にスワイプすると相手に「LIKE」の通知が届く。相手も「LIKE」ボタンを押せばマッチングが成立し、メッセージのやりとりが出来るのだ。

 表示される相手の10人に一人はロシア兵と思われた。国籍や出身地を明記していたり、ロシア国旗入りの服を着ていたり。画面を右にスワイプすると、ほぼ間を置かずに「マッチング成立」が届く。どれだけ暇なのか。

メッセージでやり取り

 27歳のユーラは、ロシア兵かと英語で聞くと、「Yes」と答え、やりとりスタート。家族やスポーツの話を一通りした後、戦争の状況を聞くと、「どうでもいいこと」とはぐらかされた。そしてティンダーで女性と会ったかと尋ねると、

「会ってません。だからあなたの写真を待っている!」

 と必死の返答。記者が男性だと明かすと「恥を知れ」と罵られた……。

 同じく27歳のアーサーは「素朴な子」がタイプだという。やはりすぐに「写真を送って」と頼まれた。

 パンプアップした筋肉が特徴的な33歳のイヴァンは何と将校。そこでプーチンについて聞くと、「プーチンはハンサム。最高の大統領です」とべた褒め。

名前・年齢のほか、位置情報も表示される

 強面の29歳、ブラッドは、最初から「胸を見せろ」と過激。そこで敢えて身分を明かしてインタビューを頼んでみた。

――応じて頂けますか?

「インタビューなんて興味ねえ。(1)ロシアは偉大な国だ。(2)我々はプーチンのためにある!(3)どんな制裁も私たちを傷つけない、むしろ人々を結束させる(4)正義は私たちとともにある!(5)西側の報道は真実を伝えていない。お前はウクライナで何が起こっているのか、軍事行動を起こす理由を何も分かっていない!」

 そして「軍隊の士気は最高潮だ! ウクライナが終わったら次は日本だ」と勇ましく語る。だが「何が欲しいのか」という話になると、「子供用のおもちゃを買う」と意外な答えが返ってきた。どうやら彼には子供がいるようだが、家族が心配しているのではないかと問うと、返事が無くなった。

 他にも家族について語る兵士は何人かいた。

 ティンダー開始から4日間で、話をしたロシア兵は約10人。彼らも本気で女性と出会えるとは思っていないだろう。マッチングアプリからわかるのは、ロシア兵たちも、プーチンの戦争に飽きているということだ。

総じてロシア兵の士気は低い

source : 週刊文春 2022年4月21日号

文春リークス
閉じる