週刊文春 電子版

眞子さん美術館“就職” 秋篠宮が危ぶむ「皇室利用」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 皇室

〈Mako Komuro〉。メトロポリタン美術館のHPに、眞子さんの名前が突如掲載された。圭さんの試験結果発表を目前に控え、新たな道を踏み出した彼女。だが実の父には、この“就職”を手放しでは喜べない事情が――。

 

▶中学生から見学「タダでもいい」“夢の仕事”
▶眞子さんと1月に美術館で面会した日本人がいた
▶美術館“担当者”が引用した小室圭さん愛の台詞
▶圭さん「就職先を紹介した日系人」情報の怪

名門メトロポリタン美術館

 メトロポリタン美術館、通称MET。約300万点という世界最大級のコレクション数を誇り、「美の百科事典」と謳われる名門美術館である。

 収蔵品の充実は、日本美術も例外ではない。鎌倉時代の仏師・快慶の『不動明王坐像』、琳派の大家・尾形光琳の『八橋図屏風』――。名品の数々が展示された広い展示室の奥へと歩みを進めると、双幅の掛け軸のもとに辿り着く。得度する武士と、その妻の尼僧を描いた作品は、20世紀初頭に活躍した日本画家・山田真山(しんざん)の手に成るものだ。

 それは、海を渡った日本のプリンセスにとって“夢への一歩”となる特別な絵画だった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月21日号

文春リークス
閉じる