週刊文春 電子版

無料公開中

音声入手 「日本口腔インプラント学会」専務理事が“パワハラ”で提訴されていた

スクープ速報

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 企業

 全国の歯科医約1万5000人が入会する公益社団法人「日本口腔インプラント学会」の専務理事が、パワーハラスメントによる精神的苦痛を与えたとして、同学会の元事務局長に損害賠償請求訴訟を起こされていたことが「週刊文春」の取材でわかった。

 同学会はデンタルインプラントの高度な専門的技能を持つ歯科医の養成を図る目的で1986年に設立。「口腔インプラント指導医」や「口腔インプラント専門医」などの資格を認定する団体である。

日本口腔インプラント学会のHP

 同学会の事務局長に稲本秀男氏(仮名)が就任したのは2020年7月のこと。稲本氏が語る。

「勤務を開始して一週間後にはパワハラの兆候を感じ始めました。専務理事の簗瀬武史氏(62)から毎日のように叱責のメールが届くようになったのです」

 簗瀬氏は埼玉県朝霞市に歯科クリニックを開業し、神奈川歯科大の客員教授や東京医大の講師を歴任。2009年、同学会の理事に就任し、認定委員長や財務委員長などの要職を経て、2020年に専務理事に昇格している。

日本口腔インプラント学会、専務理事の簗瀬武史氏

 裁判の証拠にもなっている“パワハラ”が起きたのは2020年8月4日のことだったという。8月13日に開催される臨時理事会の招集に関するメールのやりとりにおいて、簗瀬氏と稲本氏の間で意思の疎通がうまく図れず、簗瀬氏が激怒。午後4時8分に学会に電話をかけ、稲本氏を罵倒し始めた。小誌は約10分間の会話の音声を入手(音声は「週刊文春 電子版」で公開)。そこには下記のような簗瀬氏の発言が記録されていた。

「だからお前、俺に報告がないだろうが! 本当に!」

「一日に何回イライラさせるんですか!」

「●(職員)に聞いてみてくださいよ。●(理事)と簗瀬とね、●(理事)の中で誰が怖いですかって」

「もうむちゃくちゃじゃないか、仕事が」

「馬鹿でしょ、ハッキリ言って」

 さらにその後、簗瀬氏は稲本氏を自身のクリニックまで呼びつけ、1時間半にわたり叱責を続けたという。

簗瀬氏が執行部入りしてから短期間での退職者が続出

「クリニックのスタッフたちが見守る中で面罵され、もうこれではいつまで経っても終わりがみえないと思い、その場で退職を申し出ました」(稲本氏)

 稲本氏は同年9月末、わずか2カ月半の勤務で学会を退職。今年1月、簗瀬氏と学会に対し、パワハラによる精神的苦痛と使用者責任を問う損害賠償請求訴訟を起こした。

 ただ、事務局長が短期間で退職するのはこれが初めてではなく、簗瀬氏が執行部入りして以降、3人の事務局長が1年以内、1人は1年半ほどで退職しているという。

稲本氏が“罵倒電話”の翌日に記した日記

 パワハラ疑惑について簗瀬氏に電話で聞くと、「事実でない部分があって、弁護士の先生にお願いしてありますので連絡させます。事務局長が辞めたのは、学会の反対派の人がみんな私が原因だと言っていますが、実際辞められた方の中には『私と仲良かったじゃない』と言っている人もいます」と答えた。また、簗瀬氏の弁護士は「裁判でこれから争うので詳細は控えさせていただきたい」と回答した。

 日本口腔インプラント学会に問うと、総務関連担当常務理事が「現在裁判中のためコメントを控えさせて頂きます。事実と異なる点や受取方の違う点もございます」と回答した。

 同学会の今後の調査と、裁判の行方が注目される。

 4月13日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および4月14日(木)発売の「週刊文春」では、同学会内における簗瀬氏の“存在感”や、他の事務局長に対する簗瀬氏の発言、同学会内に設置されたパワーハラスメント調査委員会の内情について報じる。また、簗瀬専務理事の“パワハラ音声”は「週刊文春 電子版」で公開する。

source : 週刊文春 2022年4月21日号

文春リークス
閉じる