週刊文春 電子版

黒田総裁のイライラ、弱気…市場が注目するネクタイの色

THIS WEEK「経済」

森岡 英樹
ニュース 経済

「現在の強力な金融緩和を粘り強く続ける」

 4月13日、都内で開催された信託大会でそう宣言したのは、黒田東彦日銀総裁(77)。その発言から10分も経たないうちに、円相場は1ドル=126円台に突入した。3月半ばまで115円台で推移していたが、1カ月余りで10円以上も円安に進んだ格好だ。

在任期間は歴代最長の黒田総裁

「米FRBが金融引き締めに転じたのと対照的に、黒田氏はゼロ金利政策を継続すると強調。FRBは今年6〜7回の利上げが予想され、黒田発言を受け日米の金利差が更に開くと見た投資家が円売り・ドル買いに動いた形です」(大手信託銀行役員)

 信託大会では、毎年日銀総裁が挨拶に立つのが慣例になっているが、「挨拶がこれほど材料視されたことはない」(同前)という。

 日銀関係者が言う。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月28日号

文春リークス
閉じる