週刊文春 電子版

【写真】「くら寿司」店長、最後の決断

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

 駐車場に集まる警察と、その中央にある焼け焦げた乗用車。ところどころ炭化しているのが火の勢いを物語っている。4月1日午前4時20分ごろ、山梨県甲府市内の「無添くら寿司」駐車場内で、1台の乗用車から出火し、車中の男性一人が焼死した。実はこの男性はくら寿司の社員。店長を任されていた中村良介さん(仮名)だった。

 

「朝から勤務だったので早めにお店に着いたら、警察がたくさん来ていてびっくりしました。遠巻きに見ていたら、明らかに店長が乗っていた車でした。ただ警察にも、上司に尋ねても『身元はまだわかっていない』と言われてしまって。でも、もし店長が自殺したとしたら、と考えたとき、すぐに“上司のパワハラ”が頭の中で結びついてしまったんです……」(くら寿司の元従業員)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月28日号

文春リークス
閉じる