週刊文春 電子版

望月衣塑子記者が赤木雅子さんに発した叫び声

相澤 冬樹
ニュース 社会

 森友学園を巡る財務省の文書改ざん事件で自死した赤木俊夫さんの妻・雅子さん。4月20日には佐川宣寿元財務省理財局長を相手取った民事訴訟で本人尋問を実施するよう大阪地裁に申請するなど、「私は真実が知りたい」と訴える戦いを続けている。そんな最中、思わぬ人物との“邂逅”があったという。この問題の取材を続けるフリー記者の相澤冬樹氏が綴る。

 黄色い服の小柄な女性が歩いてくる。その姿を見て赤木雅子さんは小声で告げた。「あの人、望月さんですよ!」。東京新聞の望月衣塑子記者。それは1年8カ月ぶりのめぐり逢いだった。

望月氏

 4月11日。雅子さんは日本記者クラブで会見した。真相を求めて起こした裁判を国が“認諾”という手続きで無理やり終わらせた。その経緯について求めに応じ1時間半に渡り話した。

 会見が終わる直前、雅子さんが「一言だけいいですか」と語り始めたのが、望月記者の件だった。

 改ざん問題の取材を通じて望月記者と知り合ったが、ネットフリックスのドラマ「新聞記者」の制作をめぐり問題が起きて今は連絡が取れないこと。“音信不通”となった望月記者と再び話がしたいと伝えたいということ。これを産経新聞が記事にすると注目を集めツイッターのトレンドにランクインした。話題のドラマをめぐる著名な記者のトラブルだからだろう。

 実は会見前、早めに着いた雅子さんは会場から近くの財務省まで散歩をした。2つ先に東京新聞の社屋がある。その前を通りかかったタイミングで偶然向かいから望月記者が歩いてきた。その姿に気づいた雅子さんは近づいて玄関前で「望月さん」と声をかけた。望月記者はさっとあたりを見回し「きゃあっ」と声を上げて社内へ駆け込んだ。表のディスプレイではドラマ「新聞記者」の広告が流れていた。「(舞台の)東都新聞のロケ地は東京新聞」という文字が映し出される。でも話を持ち掛けた望月記者は悲鳴を上げて逃げてしまった。

会見前にTBSの金平茂紀氏の取材を受ける雅子さん

 それまで雅子さんは会見で望月記者に触れないつもりだったが、この一件で考えを変えた。でも会見での語り口調は穏やかだった。まず東京新聞について記事を書いてくれることに感謝していると述べた(この日の会見も、望月記者にかかわる部分以外の内容を記事にしている)。その上で提訴直後、望月記者がドラマ「新聞記者」の河村光庸プロデューサーの手紙を東京新聞の封筒に同封して届けてきたことを明かした。ドラマの撮影や芸能人に会えるという話を持ちかけられ、「そこにのこのこ、望月さんに取材してもらうことになったのは私も悪かったのかもしれないですけど」と振り返った。今は電話もとってくれず一切連絡が取れない。これはおととし、望月記者や河村氏が雅子さんとの意見の隔たりに構わずドラマの制作を推し進めていることを週刊文春が記事にしたのがきっかけだ。雅子さんは、取材をしないのなら渡したデータを消してほしい、そのことを伝えたいだけなんですと訴えた。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月5日・12日号

文春リークス
閉じる