週刊文春 電子版

知床26人遭難“強欲一族”の罪「波が高くても行かせろ」

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会

 26人の命を乗せた観光船は、悪天候の中、なぜ運航を強行したのか。大惨事の背景には、知床の観光ビジネスに狂奔する一方、海を甘く見て安全を軽視した運営会社の姿があった。“人災”を招いた“強欲一族”の罪を暴く。

 

▶昨年船長を解雇「引き継ぎもせず」素人が後任に
▶87歳オーナー町議20年で“利益誘導”、土地買い占め
▶息子の社長は船の設備の投資に「本当に必要なの?」
▶54歳船長借金で単身赴任、残業代で大モメ警察出動
▶もう一つ事故を隠していた 船長「乗り切ったわ」

「知床遊覧船」の桂田精一社長

 北海道東部、オホーツク海の“最果ての地”知床半島。今年1月14日、世界自然遺産・知床国立公園への玄関口である斜里町のリゾートホテル「北こぶし知床 ホテル&リゾート」の壇上に上がった白装束の古老は、流氷の到来と観光の安全を祈願した。

 約50人の観光事業者を前に、厳かな所作で「オホーツク流氷祈願祭」を執り行ったのは、同町の一大ホテルチェーン「しれとこ村グループ」のオーナー・桂田(かつらだ)鉄三氏(87)である。

「しれとこ村グループ」オーナーの桂田鉄三氏

 だが、同グループが運営する「知床遊覧船」で惨事が起きたのは、その約3カ月後のことだった。

 4月23日午後1時過ぎ、ウトロ港を出航した遊覧船から「エンジンが使えない」「浸水して沈みかかっている」という通報が入り、それから2時間後、通信が途絶えた。4月26日現在、11人の乗員乗客が遺体となって発見され、15人が行方不明。連日懸命な捜索活動が続けられている。

 昨年3月まで約10年間にわたり、知床遊覧船の船長をしていたA氏が悲痛な胸の内を明かす。

「社長が『新しいメンバーでやっていきたい』と語り、先代社長の頃から働いてきたベテラン船長たちを解雇すると聞いたとき、『何を言ってんだろう』と思った。もともとグループが本業としてやってきた旅館業は、不測の事態が起こっても生死に関わることじゃない。でも、僕らがやってきた海の接客は、一歩間違ったら今回のような事態を招く。そんな甘い仕事じゃないよ」

 同じく昨年まで約8年間、船長として勤務してきたB氏は、社長がこう叱責したことを覚えている。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月5日・12日号

文春リークス
閉じる