週刊文春 電子版

ミサイル発射の北朝鮮の棄民 病死、自殺の「出稼ぎ」地獄

THIS WEEK「国際」

朴承珉
ニュース 国際

 5月4日、7日と弾道ミサイルを発射した北朝鮮。金正恩総書記も先月、人民軍創建90周年の軍事パレードで核の先制攻撃に言及するなど、他国を威嚇し続けている。だが長引く国際社会の制裁で、国民生活は一層苦しさを増している。

国民の窮状をよそにはしゃぐ金正恩

「中国国境の新義州市では借金を返せず、家を奪われ追い出される住民が続出。数10万人が死亡した1990年代半ばの大飢饉『苦難の行軍』の時と似た状況です」(亡命した北朝鮮高官)

 特に過酷な状況に追い込まれているのが、中国やロシアに派遣されている労働者たちだ。2017年、国連安保理は北朝鮮の国外派遣労働者を24カ月以内に送還するよう決議した。だが実際は中国やロシアの黙認の下、働き続けている。

「中でも中国に出稼ぎに行かされている労働者は多く、縫製士だけでも18万人。瀋陽市、延吉市、丹東市など東北三省におり、多くが女性で、平均年齢は24歳です。中国と北朝鮮の合弁会社と契約をし、1カ月の給与は3500元(約6万9000円)ですが、彼女たちの懐には1000元(約2万円)しか入らない。差額は北朝鮮当局に支払われる」(同前)

 そんな彼女らを追い詰めたのが新型コロナだ。20年1月、北朝鮮は感染拡大を防ぐため、中朝国境を封鎖した。それゆえ契約終了後も北朝鮮に帰れず、彼女らは極限状態に陥った。

「ただでさえ外出も禁止された団体生活を強いられ、粗末な食べ物で働かされている。もちろんインターネットも禁止。延吉市の縫製士の中には、8年間も勤めている女性もいる」(亡命者)

 その結果、病気や労働中の事故で亡くなる労働者が続出しているという。

「本来なら病院で治療を受ければ治る人もいるが、お金が無いので行けず、亡くなってしまう。葬儀もまともに出来ず、瀋陽市の遼寧病院には42人の遺体が放置されている」(同前)

 自殺者も増えた。昨年12月には人造石の加工工場で働いている20代後半の女性労働者3人が、アパートの11階から一緒に飛び降りた。“恋愛禁止”の掟も自殺の要因の一つだ。丹東市の工場で働くある女性は、妊娠が発覚した後、総和(総括)の時間に同僚から厳しく批判を受け、交際相手の男性と共に身を投げて自殺した。今年2月には瀋陽市の合弁会社の職員の男女も、総和で交際していることを自我(自己)批判させられ、自殺を選んだ。

 だが金正恩が問題解決に動く気配はない。前出の亡命した高官がこう嘆息する。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月19日号

文春リークス
閉じる