週刊文春 電子版

【写真】東京に響き渡るウクライナ「自由の歌」

「週刊文春」編集部
ニュース 国際

 ウクライナ出身の歌手や子ども達による国歌斉唱――朗々たる歌声に聞き惚れていた少女が「すごい」と呟いた。5月7日に東京・狛江市で開かれたチャリティーイベント「ウクライナ×こまえ 気持ちつなぐDAY」の一幕である。

撮影 山元茂樹

 開催のきっかけは、3月にウクライナ南東部のザポリージャから狛江市へドウバシュ・マリアさんが避難してきたこと。7日間の過酷な旅を経て、市内に住む娘リセンコ・ナタリアさんのもとへたどり着いた。「市民として迎え入れてくれた狛江市に愛と感謝を伝えたい」とマリアさんは市役所と共にこのイベントを企画し、参加者500人に郷土料理ボルシチをふるまったのだ。国花のヒマワリも配られ、会場は小さな太陽を手にした人々で満たされた。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月19日号

文春リークス
閉じる